メニュー

製薬分野での定置洗浄

医薬品製造プロセスプラント向けの CIP

定置洗浄 (CIP) および SIP (Sterilize-in-Place: 定置滅菌) システムは、基本的な洗浄と殺菌プロセスを自動化し、時間のかかる分解組立作業を解消するように設計されています。

CIP キッチン

プロセスの最適化は効率的で効果的な洗浄にかかっています。 CIP (Clean-in-Place: 定置洗浄) システムは、固体/液体投与製剤システムなどを、GEA 製の製薬業界向け全装置に組み入れることができます。 洗浄プロセスの自動化によって再現性が確保され、検証が可能になり、ダウンタイムが最小限になります。

規制に適合する洗浄ソリューションおよびコストの恩恵

CIP 技術を最も効果的に実装する方法は、それをプロセスに組み入れて設計することです。 噴霧システム、タンク洗浄機、ノズル、シールを組み込んで、洗浄プロセスを自動化する際に、GEA は CIP 機能を適用するお客様のシステムの入口から排出まであらゆる側面を考慮します。

洗浄サイクルの自動化は、基本的に、バッチによる製薬プロセスを生産と洗浄サイクルの連続的な処理に変換します。 CIP には以下の長所があります。 

  • 洗浄サイクル時間の短縮 
  • 洗剤と水の使用量の最適化 
  • 手作業による洗浄の廃止 

当社の CIP システムの中心には高機能な洗浄液準備装置があり、これによりフィルタリング、予備加熱、および水、洗剤、脱塩水の混合とポンプ動作などのあらゆる処理を行います。 この装置では、流量、洗剤濃度、温度、洗浄時間などの洗浄パラメータを連続的にモニタリング、制御して、総合的なプロセス検証が可能です。

CIP/WIP システムスキッド

固体製剤用 CIP スキッド

現在の製薬プロセスでは、統合型 CIP ソリューションが、システムスキッドの選定から目的の対象や必要なパラメータの特定まで、重要な役割を担います。 温度、速度/圧力、化学的濃度、暴露時間などの変数は、プログラム可能な GEA CIP スキッドによって制御でき、これにより信頼できる再現可能、検証可能な結果を得られます。

当社の CIP/WIP システムスキッドは、社内で設計、エンジニアリング、組み立て、自動化、テストを行っています。 この垂直統合のアプローチによって、部門間でのオープンな意見交換が可能となり、プロジェクトのライフサイクルで発生するあらゆる変化に迅速に対応できます。 認定されたプロジェクト / プロセスエンジニア 1 名がお客様のプロジェクトを担当するため、現地固有の要件、統合上の問題、最終の FAT プロトコルに関してスムーズな打ち合わせが可能になります。

お客様のシステムスキッドを定義、設定することに加えて、GEA は CIP をお客様の衛生プロセスやプラントに統合する面でも支援し、従来型の「開 / 閉」手動流量パネル方式から、耐混合システムを利用する最新のマトリックス配管技術まで、幅広く対応します。

GEA の CIP ユニットは、適切な洗浄と廃棄物発生の抑制を保証するように設計されています。 このユニットは、使い切り回収の洗浄剤、シングル / マルチストリームの経路、オンライン / オフラインの洗浄および滅菌のいずれにも統合できます。 当社のユニットはCIP/SIP に対応する機能を備えており、水洗浄、薬液洗浄、ブロー乾燥、空気乾燥、滅菌 (熱または薬品)、流量、圧力、濃度、温度管理などのレシピを設定できます。

GEA VARIVENT® バルブおよび噴霧ジェットと組み合わせることで、当社の CIP システムは製品と洗浄の効率性に寄与する安全なソリューションとしてご利用いただけます。 また GEA は、モバイルタンクおよび IBC 向けの洗浄システムも提供しています。

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ