膜ろ過技術 CIP 回収装置

洗浄溶液のリサイクル

洗浄溶液 (主に 2 ~ 4 % の水酸化ナトリウム) では、繰り返し使用することでたんぱく質、糖及び染料といった不純物が増え、変更する必要が出てきます。ただし、GEA のナノろ過を使用すれば、こういった溶液を浄化し、継続利用できるように再生成して、コストを削減するとともに廃棄を不要にします。

こういった CIP 溶液の再生成は、液体の通常動作温度 (最高 70 ℃) で膜ろ過を使用して実現されます。汚染された CIP 溶液は、バイパスシステムでの限外ろ過 (UF) 操作を経てメイン貯留タンクに供給されます。これで懸濁コロイド不純物が除去されます。

多くの場合、CIP 溶液はナノろ過 (NF) システムで直接処理され、色と低分子重量の不純物が除去されますこの処理で、残余分の中の汚染された溶液の不純物が濃縮され、浄化されたアルカリ性溶液浸透を同じ濃度と温度で供給として渡すことができます。

 

メリットと利点

  • 化学薬品の損失を低減し、コストを削減するとともに利用する間隔を長くします。
  • 排水を中性化するコストを削減します。
  • エネルギー費用 (高温ろ過) を削減します。
  • プラグアンドプレイ設計により、既存の CIP システムに簡単に実装できます。
  • 規格化モジュール式設計で、投資コストを削減し、投資利益率を向上します。