封じ込めソリューション BUCK® 封じ込めバルブ

BUCK® バルブは、市場初の商用スプリットバルブでした。 医薬品製造において 1 つの容器から別の容器に処理中の粉末を封じ込めて移動するための BUCK® 技術は、世界中で数千もの用途に活用され、20 年を超える経験があります。

BUCK® MC バルブ原理

スプリットバタフライバルブにより、非常に強力な API を充填および排出する場合に人間と製品両方を保護できます。
ドッキングシステムは、2 つの異なるコンテナを別個に密封できる 2 つのハーフバルブで構成されています。 対応するアクチュエータリングを使用して、2 つのハーフバルブをロックまたは作動させ、封じ込めた状態で粉末を移動します。

BUCK® MC Valve Principle

ドッキング解除して閉じる
ドッキング解除して閉じると、製品がコンテナ内に残留して周辺環境を汚染しないようにハーフバルブが処理します。

ドッキングして閉じる
ドッキングして閉じると、ハーフバルブは密封されて、接続されます。 

ドッキングして開く
両方のハーフバルブが 1 つのバタフライバルブとして動作するようになり、完全に封じ込められた状態で製品を排出できます。

 

機能とメリット

BUCK® MC バルブは初代スプリットバタフライバルブの実績ある設計原則に基づいて作成され、多数の主要な追加機能や利点が備わっています。

  • 集中型動作リングを持つ独自のパッシブツーパッシブバルブ設計が施されたパッシブバルブは自由な方向に動かせるため、操作者のドッキングミスが低減されます。
  • モジュラ設計により、標準構成機器で作成された、あらゆる要件に対応する、柔軟性があり、カスタマイズされたソリューションを使用できます。
  • モジュラ封じ込め。1–10 μg/m3 (STTWA) の封じ込めレベルが標準で提供されます。また、システムでは高度空気洗浄アクチュエータを使用できるため、封じ込めレベルが 1 μg/m3 (STTWA) 未満にまで下がります。
  • 簡単な保守。パッシブツーパッシブ設計により、構成部品が減り、同一部品が増えるため、予備部品の在庫を減らせます。 
  • WIP、CIP、および COP が標準装備されています。
  • ステーションに残っている、可動部を含む汚染されたバルブコアを、封じ込めた状態で短時間で交換できるため、非常にすばやく製品を交換できます。これは、MODUL™ タブレットプレス ECM の封じ込めコンセプトに完全に適合します。
  • 堅牢なドッキング。新しい集中型作動リンク設計および補償器により、コンテナとドッキングステーションがずれる可能性がなくなります。

技術的仕様 製品接触パーツ

  • ステンレス製 1.4404/316L
    またはハステロイ製 2.4602/C22 (必要時) の金属パーツを使用できます。 
  • EPDM ホワイト、EPDM ブラック帯電防止、
    および FKM 天然 (ホワイト) のエラストマーを使用できます。 
  • 金属パーツ (非コーティング) の表面粗度は Ra < 0.5 µm です。
  • 表面は、機械研磨、電解研磨、
    または PTFE コーティングで仕上げることができます。 

技術的仕様 製品非接触パーツ

  • 金属パーツはステンレス 1.4301/304 (またはそれ以上)、
    またはアルミニウム陽極酸化で製造されています。 
  • プラスチックパーツは POM、PEEK、および PA で製造されています。
  • 金属パーツの表面粗度は Ra < 1.6 µm です。

BUCK® MC バルブ (モジュラ封じ込め)

GEA には長年にわたる封じ込め分野に関する専門知識と比類のない豊富な経験があります。 粉末を安全に移動するために固体製剤形プラントの効率と性能を改善および拡張するさまざまな技術と機器を提供しています。

アクチュエータユニット

BUCK MC_actuatorring-manual

アクチュエータリングは、3 つの異なるバージョンで使用できます。

  • ポータブル、手動、DN100–DN150
  • 固定、手動、DN100–DN200
    (抽出あり、または抽出なし)
  • 固定、空気圧、DN100–DN250
    (抽出あり、または抽出なし)

1 つのポータブルアクチュエータリングを使用して、同じ部屋で複数の容器を手動でドッキングしたり、多数の機械装置を充填/排出したりすることができます。

固定アクチュエータリング (手動または空気圧) をホイスト、フォークリフト、パレットトラックなどに取り付けて使用できます。すべてのセンサーはアクチュエータリング内に組み込まれており、すべてのケーブルは 1 つの中央グランドにまとめられています。

当社のすべてのアクチュエータリングは標準機能として、ハーフバルブをすばやく、ツールを使用せずに取り外すことができます。 また、保守中にユーティリティを切断する必要はありません。

モバイルアクチュエータリングの付属品

BUCK MC_手動リフティング

  • 手動リフティング装置 ドッキングに関連するリフティング機器は必要ありません。
  • ユニットは 3 クランプ接続部でプロセスに固定されます。
  • DN100 と DN150 で使用できます。

固定取り付けされたアクチュエータリングの付属品

BUCK MC_補償器

  • 補償器: 機械装置とのドッキング
  • 補償器 360°: 上記のとおりですが、調整フランジ接続を使用します。 アクチュエータリングの方向は、すばやく簡単にセットアップして自由に調整できます。
  • リフティング装置: バルブの上昇/下降、および IBC とのドッキング
  • 計測機器: 計測のために機器を分断

 

ハーフバルブ

BUCK MC_ハーフバルブ

BUCK® MC ハーフバルブはドッキングシステムの基盤を形成しています。 これは、唯一の製品接触パーツであり、ハウジング、メイン本体密閉部、ディスク密閉部、および固定ベアリングディスクで構成されています。 アクティブステーション (固定アクチュエータリング) の場合、ハーフバルブはアクチュエータユニットに統合されており、柔軟性のある接続部が備わっています。 手動およびモバイルで使用する場合、ハーフバルブはプロセスユニットに直接取り付けられます。 2 つめのハーフバルブがモバイルコンテナに接続されます。

洗浄機器 (CIP/WIP/COP)

BUCK MC_洗浄

  • 固定洗浄フード: 2 つの固定噴射ノズル、排出口、およびハンドル
  • ランセット付き洗浄フード: 1 つの固定噴射ノズル、手動調整可能なランセット、排出口、およびハンドル
  • 排出フード: 排出接続部のみ

すべての洗浄機器には、洗浄ハーフバルブが付属しています。

特別なソリューション

Vibroflow

  • 簡単に組み立て可能なハーフバルブ: バルブハウジングと IBC の間に固定接続部はなく、3 クランプのみが使用されます。 このため、IBC からツールを使用せずにバルブの取り外し (および分解) を行えます。これは、頻繁に製品を交換したり、手動で洗浄したりする場合に最適です。
  • 圧力定格ハーフバルブ: PN6 定格バージョンの MC100 を使用できます。 このハーフバルブは、PN6 リアクタで取り付けられたバルブを使用して圧力テストを行う必要がある場合に適しています。 標準の BUCK® MC バルブと完全な互換性を持ち、最大で 6 bar の圧力に耐えます。
  • Vibroflow™: うまく流れない製品の場合、広く知られている Vibroflow™ を BUCK® MC バルブとともに使用できます。

Lite について BUCK® MC Lite

当社の BUCK® MC Lite DN100 は、非常に強力な固体製剤製品の封じ込め移動を目的とした、初の軽量スプリットバタフライバルブです。

ホルモンおよび腫瘍に使用する非常に強力で有毒な医薬品有効成分 (API) に関しては、特に封じ込めの問題が固体製剤形製造の側面でその重要度を増してきています。 

健康と安全をより重視し、操作者の暴露を回避し、二次汚染を防止することが不可欠です。 封じ込めた状態で固体粉末を移動するには、BUCK® が最適です。

BUCK® MC (モジュラ封じ込め) バルブの成功に基づき、GEA は大きな前進をし、さらに DN100 アクチュエータリングの使いやすさや簡便性を高めました。 

新しい BUCK® MC Lite ポータブルアクチュエータリングは、ドッキング中の自由な方向転換、すばやい製品交換、簡単な操作、保守、および洗浄といったオリジナル MC アクチュエータリングの主要な利点を引き継いでおり、さらに、ドッキングステーションの両サイドには同一のハーフバルブが使用されています。 また、複数の異なるプロセスをドッキングする場合に、同じユニットを使用できます。 さらに、既存の BUCK® MC ハーフバルブとの互換性もあります。

以前のバージョンと同じ機能を提供しながら、GEA はさらに小型軽量なアクチュエータリングの製造に成功しました。 重量はわずか 3.3 kg であるため、ユニット全体を簡単に操作し、実装できます。 GEA はプロセスの最適化や生産性は言うまでもなく、操作者の健康福祉を念頭に置いています。

 

利点の概要:

  • 1–10 μg/m3 の封じ込めレベル (STTWA)
  • 64% の軽量化
  • カスタマイズ可能なハンドレバー位置
  • パーツ数の削減
  • 必要に応じてすばやく分解して洗浄可能
  • シンプルで頑丈
  • 費用対効果が高い

包括的な封じ込め

標準およびカスタマイズされたソリューションを提供する GEA のスプリットバタフライバルブ製品ラインには、オプション部品 (計測、上昇/下降、および補償器) を含む手動および自動の BUCK® MC バルブ (DN100–250)、封じ込めレベルの高い用途での吸引 (<1 μg/m3 STTWA)、および全封じ込め (TC) バルブ技術が搭載されています。 また、Hicoflex® 使い捨てバッグとインターフェイスシステムは、視覚的に製品の移動を確認でき、1–50 L の容量で非常に強力な固体を処理できるように設計されています。