パレタイザとデバレタイザ パレタイザ Opera

安定したパレット積みシステム搭載の低位インフィードパレタイザ Opera は、小規模/中規模生産に適しています。

OPERA パレタイザは、低位の安定したパレット積みシステムを提供します。生産速度に応じて、ポジティブベルト上の列の準備により、単一、二重、または三重インフィードを設定できます。機器は、不安定なパッケージの固定または生産速度向上のためのパック分類機またはマニピュレータと共に提供されます。

機器構造の中核は、5 mm の塗装された炭素鋼シートで作られた 2 つの列になります。レイヤロード/アンロードヘッドを持ち上げる原動力は、インバータ及びエンコーダ制御により提供されます。ヘッドの持ち上げ/引き下げ動作は、高抵抗鋼製のガイド上をスライドする 1¼ インチのチェーンと鋼製車輪によって行われます。

OPERA には、インフィードに対して 90° の位置に単一または二重レイヤ押し出しシステムを取り付けることができます。ローラプラットフォーム付きのレイヤ排出ヘッドは、途中で開き、パレタイジングパターンとパッケージのタイプに合わせることができます。独立型及び電動の側面圧迫ガイドは、パレタイジングパターンとパレット寸法の自動切り替えを可能にします。保全と構成が容易なように、機器のあらゆる部分に手が届きやすい設計になっています。

生産能力: 最大 4 レイヤ/分