処理システム パックコンベア

「インテリジェント」包装システムを構築するために各単一機器を接続する処理システムであるコンベアは、幅広いパッケージを処理できます。コンベアには性能と柔軟性を向上させる多くの革新的機能が搭載されています。

二次包装の処理システムは主に、生産ラインの一部である単一の機器を相互接続するために利用されます。GEA は、パックを 1 台の機器から別の機器に搬送するだけでなく、「インテリジェント自動化」アプローチを利用してこれらの機器の操作を最適化し、ライン全体の効率を保証するシステムを設計し、製造しています。

特定の設置要件及び特殊なパッケージ機能は、各パッケージが最良の方法で搬送される必要のある各コンベアシステムの技術要件を個別的に判断します。

GEA の二次包装コンベアは、レイアウトと生産速度をカスタマイズしてあらゆるタイプのパック (圧縮包装、段ボール箱、クレート、トレイ) を処理します。ステンレス鋼は、各機器の衛生設計で規定されているように使用されます。
重要な製品機能には、パック用の幅広い分類機/結合器、側面ガイドの調整、ハンドルによる手動操作または全自動 (クイックリファレンスあり)、ゴムベルト付きのエレベータ/ロアレータ、及びライン間の垂直交換のためのスイングシステムがあります。

GEA は、各容器の高速搬送ラインの自動化システムのスペシャリストです。例えば、GEA は機器のグループを高効率プラントに変換する情報ネットワークである、ライン自動化の継続的な開発を考えています。自動化システムは、消費電力と騒音を低減するためのインバータ (遠隔配電盤または近接場) を利用した速度変調を特徴としています。リモートフィールド PLC 装置は、入出力の高度な集中のある設置を最適化するために利用されます。