ボトル充填機 充填機 Fillstar LXi

Fillstar LXi 充填機は無炭酸飲料と炭酸飲料の両方を充填し、その清潔でサニタリ仕様の設計により無炭酸及び炭酸液体に優れた安全性と衛生を提供します

Fillstar LXi 充填機は、無炭酸飲料と炭酸飲料の両方を充填し、充填バルブとボトルとの接触を維持します。そのため、充填が困難な製品でも、速度を落とすことなく常温で充填できます。

優れた安全性、優れた注入精度

Fillstar LXi 充填機は、無炭酸及び炭酸液体のいずれにも優れた安全性とサニタリ仕様規格を提供します。

製品は、充填バルブとボトル間の接触により充填されます。ドーナツ形タンク内部の製品は、不活性ガスの過圧により充填バルブに押し出されます。また、Fillstar LXi 充填機は磁気流量計も使用して注入段階を正確に制御し、各製品要件を満たします。CSD など困難な発泡製品でも、速度を落とすことなく常温で充填できます。これにより冷却の必要性が減り、電力消費とコストを削減できます。無炭酸の製品を充填するとき、空気の戻りには専用の分離チャンネルが使用されます。

ボトルは、プロセスの間ボトルを吊り下げる NeckFlex システムを使用して扱われ、同じネックデザインの任意のコンテナにすばやく切り替えることができます。

向上したサニタリ仕様

Fillstar LXi 充填機には自動発泡システムと HEPA フィルタ加圧 (オプションで利用可能) が搭載され、高いサニタリ仕様規格を維持します。製品に接触するすべての部品は、Aisi 304 ステンレススチール製です。分離ガラスガードにより、オペレータは広い範囲に手が届きます。機械はオープン設計で基部がないため、手が届きやすく保全も簡単で、流れにくい製品が溜まることはありません。

閉ループ CIP 用のダミーボトルの挿入と取り出しは、すべて自動で行われます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。