高温充填 高温充填 Fillstar HF

GEA の高温充填技術を生かした充填機はサニタリ仕様の設計で、充填レベルの設定と洗浄が簡単

Fillstar HF RCP 重力充填機は、特に高温充填向けに開発されました。特長は、容量一杯の充填あるいはレベル充填向けに、充填ヘッドを調整できる多様性と、工具なしで簡単に操作できることです。

Fillstar HF RCP 重力充填機の技術的特長

重力充填バルブ HF RCP が動き、充填時にボトルに接触します。接触するとボトル自体がバルブを開き、製品の再循環はありません。

ボトルから流れ出る空気は、製品再循環パイプを通して排出されます。充填レベルに達すると、製品の再循環が再開され、空気圧バルブが充填ヘッドを閉じて製品の再循環を停止します。機械での製品再循環の最大量は、10 % 未満が保証されています。再循環速度を制御する空気圧バルブを開く段階の時間により、機械のあらゆる部分で高い充填温度を維持できます。

この外部アクチュエータでの製品再循環速度の高度再循環制御は、従来の高温充填に比べて多くの利点をもたらします。たとえば、デュアルスピード充填では、乱流及び発泡を制限して製品再循環速度を下げるように、終了時に充填速度を減速できます。さらに、再循環速度を落として充填カルーセルの最終部分で製品の充填を閉じ、ボトルを減圧するために角型プラスチックボトルを充填する際に生じる製品の跳ねを減らします。

この特定の充填バルブには、洗浄を可能にする閉ループがバルブ内にあるため、CIP 洗浄のためのダミーボトルは必要ありません。

固定部品と可動部品の間の接触ゾーンの形状により、適切な洗浄流量となります。機械の残りの部分は非常に簡単に洗浄できます。マニホールドと外部タンクの洗浄にのみスプレーボールが必要です。

構成

Fillstar HF 充填機には、次のバージョンもあります。

  • Proclean バージョンでは、無菌空気の層状の流れを使用して、充填環境の汚染を制御します。そのため、充填環境で高レベルのサニタリ仕様が実現されます。
  • CC (Controlled Contamination: 汚染制御) バージョンでは、ボトルとキャップを滅菌処理し、完全な微生物学的アイソレータで環境を制御します。CC バージョンは、低酸製品の充填に最適です。
 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。