メニュー

栄養補助食品

酵素

高分子生体触媒と定義される酵素は、非常に多くの代謝プロセスを担い、あらゆる生きた細胞に存在します。高度に厳選される酵素は、食べ物の消化 (でんぷん、タンパク質、脂肪または糖の分解) から、それ自体を消費することなく DNA を合成することまで、代謝反応の速度と特異度の両方を加速させます。ほとんどの酵素はタンパク質ですが、触媒 RNA 分子も特定されてきました。

均質化による酵素の抽出

微生物細胞の破裂は、このプロセスの重要な第一歩で、細胞内酵素と細胞小器官を得るための高圧均質化がますます使用されるようになって、その重要性が増しています。この方法では、細胞壁破壊を起こすための溶液または他の化学物質を必要とせずに、細胞内物質の抽出を可能にします。

分離による酵素の抽出

GEA の分離器およびデカンタなら、細胞内酵素と細胞外酵素が、傷付けられることなく高濃度で分離されます。

細胞内酵素の生産

グルコース異性化酵素は、グルコースをフルクトースに変換し、これはでんぷんの分野における非常に重要な酵素の例です。酵素は、使用された微生物の細胞内で作られて、そこにとどまります。これを加工するには、発酵ブロスの液体層を発酵後に遠心分離で分離します。濃縮された微生物は、遠心分離後にさらに処理されます。細胞壁が破壊されます。懸濁液の濃度により、細胞片は連続的に動作する分離器で分離される前に希釈されます。 

細胞外酵素の生産

GEA の分離器とデカンタは、洗浄粉末酵素の最適な扱いに理想的です。慎重に浄化され、滅菌された空気が、撹拌機付き発酵槽に注入されます。空気の泡が、炭水化物、タンパク質、成長剤および栄養剤で構成された培養液に分散されます。この培養液は滅菌され、適切な温度に加熱されて、非病原性微生物の浄化された培養物が植菌されます。微生物は、物質を変換し、同時に酵素を作り出して成長します。その後、発酵ブロスに抽出されます。発酵後、微生物は綿状物質の追加と分離器およびデカンタでの遠心分離により分離されます。遠心分離による洗浄と研磨が正常に行われると、生産量が増え、酵素の純度が上がります。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ