メニュー

Midstream

MEG

低温、塩水および腐食 - 海面からずっと下のほうにある天然ガスパイプラインは極限状態にさらされています。パイプラインを通した効率的な運搬を行うために、とりわけ MEG (mono-ethylene glycol: モノエチレングリコール) が天然ガスに添加されています。分離器によって完了する MEG 精製プロセスは MEG の機能性に影響することなく継続的に再利用できることを保証します。

MEG 処理によるプロセス安全性

MEG はパイプラインを通して運搬される前に天然ガスと混合されます。その特徴によって水が確実に吸収されますが、MEG はパイプラインを継続的に保護する防食剤としても作用します。塩水、塩の結晶、および非常に微細な腐食粒子を吸収し、高レベルの腐食防止を保証します。しかし、このプロセスで汚染が徐々に増加しているので、適切なガス処理プラントでの汚染 MEG の定期的な処理が特に重要です。

MEG の確実な精製

気化システムと遠心分離器は処理プロセスの中核です。このプロセスの間、当社の分離器は精製プロセスが確実であるのと同様に効率的であることを保証します。不要な固形物の脱水と除去によってMEG は再度、パイプラインを霜や腐食から確実に保護できる程度まで精製されます。

爆発防護と耐食性

気密設計と窒素によるブランケットにより、プロセスおよび爆発防護のすべての要件 (ATEX) が確実に満たされることが保証されます。遠心分離器ボウルに対する高度な資材要件は混粒鋼/超混粒鋼の使用によって保証されます。プラットフォームでの絶え間ない動きを補正できるので、当社の分離器は陸上および海上用途にもぴったりです。直接的に駆動され、高度な分離効率を持つ GEA 遠心分離器は、最低限のスペースしか必要とせず、最高レベルの効率を生み出します。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ