メニュー

Energy

燃料油の処理と輸送

発電所のガスタービンはディーゼル油、原油、または重質燃料油を使用して運転されています。これらの油はすべて、水だけではなくタービン翼や結果として発電所全体にも危険となり得る水溶性の塩や固体の砥粒も除去しなければなりません。GEA は、それぞれ中心部に自浄式分離器が装備された、すべての燃料に対して効果的な処理装置を提供します。

効果的で経済的なソリューション

ガスタービン燃料油の品質仕様は極めて厳しいものです。水溶性ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの有害な微量元素や油溶性バナジウムおよび鉛が大きな問題を引き起こすことがあります。燃料中の微量元素の濃度が高すぎると腐食が起こります。砂、錆、触媒微粒子などの沈殿物によって摩耗が増加します。

GEA の燃料油処理システムは効果的で経済的なソリューションを提供します。ガスタービンメーカーは微量元素の限度を規定し、安全で経済的な運転を保証します。ナトリウムとカリウムについては、これらの限度は 1 ppm から 0.1 ppm の間です。有害な水溶性微量元素は分離のみによって、または洗浄と分離の組み合わせによって要求されるレベルまで削減されます。砂、錆、触媒微粒子などの汚染物質は高い遠心力によって燃料油から除去されます。

例えばバナジウムや鉛のような油溶性微量元素は分離できません。バナジウムの灰によって発生する高温腐食に対抗するために適切な反応抑制剤が燃料に添加されます。ディスクタイプボウル付き自浄式分離器が使用され、燃料油の精製と脱水を行います。分離器の非常に重要な特長は、分離する生成物の成分が絶えず変化しても最適な分離効率を持つことです。効果的な分離に必要なのは水、油、固体の間の濃度の違いです。

主な利点 :

  • タービンの耐用年数の延長
  • ガスタービンの必要とされる全体的オーバーホールの頻度の減少
  • ガスタービンの「動力損失」の減少
  • 下流装置の運転費用の削減

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ