メニュー

Energy

油と水の混合物の処理

廃水の処理は国内法と国際法で厳しく管理されています。廃水は特別に認可された処理システムによる事前の油除去を行った後にのみ排出できます。最大油含有量は 15 ppm を超えてはいけません。場合によっては限度が 10 ppm にまで下げられることもあります。

環境を守る

含油水は廃水内の油含有量が 15 ppm 未満の場合にのみ排出できます。水 100 万に対して油 15 の含有量は少ないように思えますが、GEA はこれでもまだ多すぎると考えています。さらに、実践では実際の運転条件下では多くの従来のプラントで、この値がどうしても達成できないことが明らかにされています。この値をもっと低減できれば、環境に対する利益はより大きくなります。

廃水は以下の成分の混合物です。

  • 漏出した冷却水
  • 漏出した燃料油および潤滑油
  • 沈殿タンクおよびスラッジタンクからの排水
  • 各種浄化プロセスで生じる廃液

生成物 (すなわち過剰な乳剤がない含油水) が含油水から吸い上げられ、供給ポンプによって供給バルブ経由でフィルタおよびプレヒータを通して分離器に供給されます。起動または放出プログラムの間に生成物は含油水タンクに戻されます。

生成物は上から分離器ボウルの中央に流れます。重水相は非常に微細な油粒子から分離され、その後求心ポンプによって圧力下で運ばれ、排出されます。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ