メニュー

海と大洋の保護

ビルジ水の処理

コンテナ船であろうと、オイルタンカーまたは貨物船であろうと、すべての船舶でビルジ水が発生し、ビルジ水が深刻な処分問題を引き起こします。IMO (International Maritime Organization: 国際海事機関) は、残留油含有量が 15 ppm 未満の場合のみ、ビルジ水を海中に排出してもよいと定めています。GEA の BilgeMaster は、かなりの余裕を持ってこの制限値を満たしています。またそれと同時に、分離プロセスによって再生された油をさまざまな用途に使用できます。

ビルジ水とは

ビルジ水は、海水、冷却水、燃料油、および潤滑油の漏れ、沈殿および汚泥タンクの脱水、さまざまな洗浄プロセスの排水、そして、すすや埃の粒子などによって発生します。このビルジ水を海中に排出することで何らかの問題が生じる前に、IMO 規制で、残留油含有量が 15 ppm 未満になるようにこの爆発性混合物を徹底的に処理しなければならないと定めています。しかしながら、従来式の分離技術では、コスト効率良く汚染をこのように最小限にとどめることができません。

5 ppm 未満の油含有量を実現

その解決策が GEA BilgeMaster システムです。このシステムの分離器は、1 時間に 200 ~ 7000 リットルを処理可能であり、標準バージョンでも、残留油含有量を法定最小限以下まで削減します。通常のビルジ水供給状況においては、純排水の残留油含有量は 10 ~ 12 ppm です。追加装置を使用すると、油含有量を 5 ppm 未満まで削減できるので、事実上の純水を海中に排出できます。

再生油を難なく再利用可能

油水分離システムの経済的利点は、特に投資の永続性にあります。たとえば、分離プロセスで再生された油は、燃料油として再利用できます。回収された潤滑油は、熱を発生させるための燃料として使用できます。さらに、このシステムは自浄式であり、運用を監視する必要がないため、スタッフの追加が不要です。これに反して、沈殿タンクを使用する静的分離やろ過などの代替法は、費用のかかる手動洗浄を時々行わなければならなかったり、フィルタ要素を交換する必要が生じたりします。さらに化学薬品は、費用がかかるだけでなく、今度は環境にも害を及ぼす可能性があります。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ