メニュー

真水生成

遠洋における淡水

大量の淡水を船上で貯蔵することは、費用がかかるうえに貴重なスペースを占有することになります。GEA は、海水淡水化のプロセスと技術を提供する形でこれに代わる解決策を提供します。この解決策を利用すれば、1 日あたり最大 30 トンの淡水を生成できます。

蒸発による海水淡水化の原理

淡水化は蒸発の原理を利用します。粗いメッシュでろ過された海水がチタン製の熱交換器の積層板で蒸発し、塩と不純物が凝結します。そして、さらなる積層板によって蒸気が凝結されて、飲料水ができあがります。塩測定セルでチェックされる残留塩含有量は、4 ppm (百万文率) 未満でなければなりません。4 ppm 未満の値を確保できたら、さらに紫外線殺菌処理を行う前に、脱塩水を貯蔵タンクに送ることができます。

1 日あたり 5 ~ 30 トンの出力

最終的には、再硬化フィルタによって完全な淡水に十分な硬度が戻され、人間が使用するのに適した水ができあがります。シャワールーム用であろうと、調理室用または洗浄用であろうと、当社のシステムは 1 日あたり 5 トン ~ 30 トンの出力を可能にします。これは、コンテナ船、LNG タンカー、ばら積み貨物船、または貨物船の毎日の要件を簡単に満たすはずです。

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ