メニュー

PET ボトルのリサイクル

PET リサイクル業界における GEA デカンタの利用

世界中のノンアルコール飲料の大多数が、ポリエチレン・テレフタレート(略して PET)で作られたボトルに充填されています。GEA デカンタ遠心分離機は、PET ボトルのリサイクルに環境面と経済面で重要な役割を果たします。

PET ボトル

環境に対する GEA 技術の貢献

PET ボトルのリサイクル処理では、最初に使用済みの製品を 2~3 mm の小片に裁断します。次に高温洗浄と低温洗浄が行われ、続いて苛性水を用いて、砂、固形物、粘着物、こびりついた接着剤などといった汚れを除去します。

洗浄水と高価なアルカリ溶液の頻繁な交換や、後続の工程に必要な設備と機械の詰まりを防ぐために、洗浄中に水循環からすべての汚染物質を完全に除去する必要があります。環境に配慮した GEA デカンタは、非常に高い重力とトルクを扱える能力を備えており、このリサイクル業界で使用されています。このプロセスで浄化した洗浄水は、プロセスサイクルに戻すことができます。これにより環境保護と製造コストの削減を実現します。したがって、効率的な分離システムは水循環経済の維持に大きく貢献できるのです。 

洗浄した PET フレークはさまざまな用途に使用できます。スポーツシューズ、高機能衣類、クッション中材、再使用可能なバッグ、バインダーなどに加工することができます。また、ウェットティッシュなどの衛生製品に含まれるポリエステルの加工にも使用でき、さらに、使用済み PET ボトルの非常に単調な洗浄工程を必要とする「ボトル間」リサイクルにも使用できます。

Decanter Pro 4000

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ