潤滑油処理 - 効率的な運用に関するプラントコンセプト

適用されている潤滑油は絶え間ない汚染にさらされています。研磨剤、塵、凝縮物、分解生成物などの異物は潤滑油の油だめに沈殿します。さらに、触媒の油や異物に含まれている酸は経年劣化を早めることがあります。GEA 分離機による継続的な浄化は、恒久的な確実な運転と同時に運転費用削減に重要な貢献をします。

遠心力で油から水と固体異物を分離

特に、いわゆるトランクピストンエンジンでは、通常の汚染に加えて、燃焼の残留物と未使用の燃料が潤滑油回収タンクに到達します。GEA の遠心分離機は大きな遠心力の働きによって油から水と固体異物を分離します。

精製油-耐用年数の延長

精製油は微量な自由水しか含まなくなり、実質的に金属および非金属の異物がなくなっています。これによって潤滑油がスムーズに機能するだけではなく、耐用年数の延長の結果として費用に対して良い影響が恒久的にもたらされます。