蒸発技術 熱脱アルコール装置

「ノンアルコールビールはビールのような味がする必要があります」

これは、常にビールの脱アルコール技術に求められる主な要求です。このような理由から、アルコール除去工程では優しい製品処理が最も重要となります。

GEA は熱分離技術フィールドで最も経験豊富なメーカーの一つであり、当社の脱アルコール技術を駆使したビールプラントは、以下のプロセスと特別な特徴によるメリットのため、その販売は世界中で大きな成功を収めています。

  • 処理温度が 40℃ 未満のため、優しい製品処理が可能
  • 非常に短いプラント内製品滞留時間
  • 病原菌発生可能性なし
  • 蒸気直接接触なし
  • プラント内での炭酸化

送り速度が 10 hl/h ~ 50 hl/h の場合は、直接加熱した流下膜式蒸発プラントが使用されます。送り速度が速い場合には、GEA が機械的蒸気再圧縮を用いたプラントを設計します。この設計は、従来市販の脱アルコール技術よりもエネルギーコストが低いため、優れたプラントを提供します。

 
thermal-de-alcoholization-unit-02

この写真に示したプラントは、小型プラントとして納品することも、現場に設置することもできます。アルコールがプラントからの排出時に濃縮されないため、ATEX に基づいた設計は不要です。

このプラントには、GEA Ecomatrix システム、円筒・円錐タンク、完全な配管・制御システムが装備されています。ビール製品は圧力容器から供給、予熱されてから 2 つの効果で蒸発され、その後、醸造用水によって補充、冷却、炭化されます。