メニュー

搾乳と乳牛の健康管理に優れた能力

GEA DairyMilk M6000

最新のセンサーベース技術により、乳牛の識別や活動管理から発情検出に至るまで、乳牛の効率的な健康管理を実現できる多数の能力が確立されます。

GEA ではゴム製やシリコン製の機能的な搾乳クラスターと高耐久性ライナーをご用意しております。世界中で高い人気を誇る従来の爪片付き搾乳クラスターから、乳房に優しい四方向技術を備えた IQ 搾乳クラスター、ライナー内ディップ処理機能を備えた ApolloIQ に至るまで、乳加工会社に認められている製品を取り揃えており、乳房タイプに合わせて製品を組み合わせることで、完璧な設備に仕上げることができます。人間工学に配慮した対称配置により、両サイドのクラスター装着プロセスが簡易化されると同時に、搾乳中に乳房にかかる圧力を最小限の抑えます。

搾乳作業中、GEA の高信頼性搾乳テクノロジーと搾乳制御装置により、刺激、生乳流量、乳量計測が管理され、さらに、搾乳クラスターの離脱が開始されます。乳首での真空状態と連続脈動が安定していれば、乳房の健康に良い影響が及びます。自動搾乳システムでは、セルカウントクラスセンサーにより、毎回の搾乳セッション時に各乳牛のリアルタイム分析が行われます。

GEA DairyMilk 製品ラインは、清潔で衛生的な搾乳環境、そしてもちろん高品質生乳の最良の土台を提供します。安全に、高速で、完璧に、家畜に優しい方法で、牛、羊、山羊の搾乳を行います!

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

お客様の事例

垂直リフト搭載の GEA 並列搾乳パーラのおかげで時間という貴重な贈り物を取り戻せました

フランスのカリーヌ・アルベスさんとフラビアン・アルベスさんは、乳牛85頭の酪農作業を並列で行っています。これは最近では珍しい形式ですが、すばらしいことです。現在は、新しい 2x8 GEA DairyParlor P7550 に投資したおかげで、外部の支援に頼ることなく作業の高速化という目標を達成しています。この決断により、彼ら自身と彼らの特別な乳牛群にこれが最適であることが証明されました。

お客様の事例

GEA 搾乳システムにより1日の搾乳時間を2時間短縮

ニュージーランドの酪農家 Wiebe Smitstra さんと Piety Smitstra さんは、ヤギの搾乳小屋を改修して GEA 低ライン型ダブルアップヘリングボーンシステムを導入しました。このシステムには自動カップリムーバー、ミルクメーター、DairyPlan ソフトウェアが含まれています。

全てのお客様の事例を見る

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ