メニュー

DairyFeed J 1100 は、子牛 1 頭毎に栄養調整と理想的な分配を行うことにより、営農における子牛の給餌方法を最適化します。

子牛用濃厚飼料給餌機 DairyFeed J 1000

体系化された子牛飼育は、実績指向で収益性の高い牧場の基礎を形作ります。GEA は、家畜飼育を支援するプロの自動給餌ソリューションを提供してお客様をサポートしています。GEA のソリューションがあれば、すべての子牛が必要かつ適切な飼料を摂取できます。ルーチン業務を減らし、目標を定めた給餌を行うことで、子牛の飼育が劇的に楽になります。

Calf Feeder Dairy Feed J 1000 for concentrate

DairyFeed J 1100 濃厚飼料給餌ボックスの主要なメリット :

  • 目標を定めた給餌により子牛が早く健康に成長
  • 給餌ボックスがカーフフィーダーに接続されているので、個々の子牛が適切な栄養を摂取できる
  • 給与飼料の量を光センサで効率的に制御できる
  • 過給餌が無くなるので疾病の危険性が減少する
  • DairyManagementSystem 21 に接続可能

DairyFeed J 1100 濃厚飼料給餌ボックスを使って、ターゲット化された方法で若齢牛の給餌を早期に行ってください

濃厚飼料給餌への切り替えを早期に行えば、子牛がもっと早く成長します。これは経済的な恩恵をもたらします。なぜなら、早い段階でお金のかかる粉乳または生乳から子牛を離乳することができるからです。DairyFeed J 1100 濃厚飼料給餌システムは、GEA が提供しているカーフフィーダーの理想的な拡張でもあります。システムソリューションの一環として DairyManagementSystem 21 にこの製品を接続すれば、子牛の給餌と飼育がより一層効率的になります。

極めて専門的な給餌支援で子牛にとって理想的な分量を発見します

個々の子牛ごとに給餌を増減できます。理想的な分量の濃厚飼料が、目標設定された方法で供給されます。自動化されているので、過給餌の危険性がありません。飼料は、容量 110 リットルの濃厚飼料容器から正確な容積分配器によって給与されます。光センサで飼料の正確な量が点検されます。したがって、このシステムを使えば、ステンレス鋼製飼槽が完全に空になったときに限り飼料が再給与されます。お客様は次のような利点が得られます。給餌中に異常があれば、早期の段階でそれに気付くことができます。この方法で家畜の飼育と給餌を行えば、牛群に広まる疾病の危険性を減らせます。

グローバルページ情報

関連製品

販売店を検索

Please note that this is a global webpage. For more information on the availability of this product in your country please reach out to your local GEA dealer.

販売店を検索

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ