リングドライヤ フィードタイプリングドライヤ

滞留時間を選択することができ、設置面積の低減により大きな蒸発容量を利用できます。

フィードタイプリング乾燥システムの単一ブレード「マニホールド」または「内部浄化装置」は、その存在と位置により、フラッシュドライヤおよび他のリングドライヤと差別化されています。

マニホールド (事前分離器と組み合わせて使用されることが多い) は、湾曲部周辺の気流を含んだ製品を通すことで作られる遠心分離力を利用して、製品を移動層に凝縮します。調整可能なスプリッタのブレードはこの層をカットし、別の流れがシステムを通るように、より重い半乾燥材料を粉砕機に戻します。供給材料は、粉砕機によってドライヤの入口で粉砕されて熱い気流に入り、システムを再度通過します。その間、より軽い乾燥した製品は、マニホールドを出て製品収集システムへと進みます。このマニホールドと粉砕機の組み合わせにより、粒子サイズ、製品の水分、および排気温度を制御しやすくなります。

滞留時間の延長を選択できるので、フィードタイプリングドライヤは、フラッシュドライヤでの乾燥が困難であるとこれまでみなされていた多くの材料を処理することができます。特定の用途に応じて、GEA Barr-Rosin では設計の柔軟性および最適な性能を提供するため、実績のある構成および技術に基づいたカスタムデザインのシステムを提供しています。

フィードタイプリングドライヤはこれまで、農業製品、化学製品、鉱物など、多くの産業で製品の乾燥に使用されてきました。粉末、ケーキ、顆粒、フレーク、ペースト、ゲル、スラリーなど、広範囲に渡る供給材料を処理することができます。スラリー、ペースト、または粘着性のある材料の場合、当社の特殊設計の送りシステムでは、湿った部分を乾燥した製品で一部逆混合し、材料を適切な状態にしてドライヤに入れることができます。

 

特長

 

  • 単一段階のマニホールドを装備した低温粉砕機
  • 必要に応じて、バッファホッパまたは逆混合システムを選択可
  • 事前分離器を使用すると、サイクロンの前に材料を大量に集めることができる
  • 蒸発容量が大きい
  • 開回路、ガスの部分的リサイクル、および SSD™ に合わせた設計が可能
  • 不活性雰囲気内での稼動用に設計可

利点

  • 粉砕機が塊を砕き、分散機が湿った供給物を捌き、マニホールドが乾燥した軽い製品を収集しつつ、遠心分離力を使用して比較的重く湿った材料がドライヤの供給地点にリサイクルされるのを促進します。この組み合わせにより、製品品質を確保しつつ、排気温が下がり、システムの熱効率が向上します。
  • さまざまな脱水システムと併用し、砕けやすさとは無関係に湿った供給物を使用できる柔軟性
  • サイクロンの収集効率および放射が改善されます。繊維製品および飼料製品に特に適しています。
  • プラントのシンプル性および資本投資が改善されます。
  • エネルギーの節約およびシステム統合が可能
  • 溶剤を使用した稼動およびそれによる回収に適している

プロセスフロー図

フィードタイプリングドライヤ
フィードタイプリングドライヤ