メニュー

蒸発技術

MVR 加熱蒸発プラント

MVR (Mechanical Vapor Recompressor:機械式蒸気再圧縮機) で加熱される蒸発プラントでは、必要なエネルギー量が非常に少なく済みます。

mvr-heated-evaporation-plants-01

スチームジェット圧縮機は蒸気の一部だけ圧縮しますが、機械式蒸気再圧縮機は蒸発器の蒸気をすべて再利用します。

蒸気中で回収されたエンタルピーに比例するわずかな電気エネルギーを使用して、蒸気は蒸発器の対応する加熱蒸気温度の圧力に再圧縮されます。蒸気凝縮のエネルギーは製品供給の予熱によく使われます。蒸発器自体が通常はコンデンサの冷却水から消散されるエネルギーを吸収するため、消散される熱量が大幅に低減されます。

プラントの操作条件に応じて、蒸発器全体の熱のバランスを取り、安定した操作条件を維持するために、少量の追加スチームまたは少量の余分な水蒸気の濃縮が必要になる場合があります。

tvr-heated-evaporation-plants-01

設計が簡素で保全しやすいことから、蒸発プラントでは 1 段階の遠心ファンが使われます。

これらの装置は高圧ファンまたはターボコンプレッサとして提供されます。装置は高速流で運転するため、1:1.2 ~ 1:2 の蒸発圧縮率での大量~大規模な流量に適しています。

回転速度は通常 3,000 ~ 18,000 rpm です。高圧が高くなる場合、多段階コンプレッサを使用できます。

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ