DairyFeed C 8000 自動給餌システム

DairyFeed C 8000 給餌システムによるターゲット化された自動給餌

農産業において、自動給餌はますます重要になってきています。GEA の専門技術のおかげで、牛個別の給餌が可能です。ニーズに基づく調整を行うことによって、牛群管理に良い影響を与えることができ、効率的な作業形態を構築できます。自動給餌は、牛群の積極的な展開に不可欠です。ここでは、DairyFeed C 8000 自動給餌システムの主要なメリットおよび特徴の概要を説明します。

  • 家畜 ID と自動給餌のおかげで、産乳量と牛の状態に応じた個体別の給餌が可能
  • 給餌システムのボリュームディスペンサによって、個体別の要件に基づき正確な量を分配
  • 個体別の分配量および消費値のサマリリストを作成可能
  • 分配を自動と手動の両方で調整可能

給餌システムによって、乳牛の快適性も向上します。自動給餌では、牛群に対する飼料の過不足を避けることができ、代謝に関する問題も減少します。

多様な飼料に対応する自動給餌

DairyFeed C 8000 自動給餌システムは、最新の栄養学の発展を考慮しています。給餌箱の中にはセンサが搭載され、各個体を認識および識別します。この給餌箱には、ステンレス鋼の給餌ボウルが付いています。飼料の種類や見た目、1 頭の分量は、機能に何の影響もありません。一貫性がどうであれ、洗練されたボリュームディスペンサが飼料を正確に分配します。自動給餌システムは特に柔軟で持続性に優れています。DairyFeed C 8000 自動給餌システムを使用すれば、異なる種類の飼料を 4 つまで分配できます。

自動給餌の最適化:DairyManagementSystem 21 との併用

自動給餌システムを使用すれば、長期的に見てルーチンワークに要する時間を削減できます。この機能には、2 つの主要なコンポーネントである、DairyPlan C21 と DairyFeed C 8000 の自動給餌集中ディスペンサが貢献します。DairyPlan C21 が牛ごとの飼料の配分を計算し、そのデータを自動給餌システムに転送します。DairyFeed C 8000 および DairyManagementSystem 21 のメリットの概要:

  • 動的なインターバルシステムを使用した、栄養学の原則に基づく自動給餌
  • 定期的な給餌回数が可能ではない状況にも適する
  • 毎日の分配の入力が簡単
  • 産乳量に基づく自動給餌

GEA の自動給餌システムによる、飼料をめぐる争いの最小化

自動給餌によって、時間と労力の両方が節約できます。DairyFeed C 8000 では、牛の間での給餌をめぐる争いも削減されます。ここでは、設計が重要です。長い、密封された給餌箱には、シングル、ダブル、またはウォールボックスのタイプがあります。これにより、親玉の牛や興奮した牛が、制御された給餌工程を中断させ、事故を起こすことを回避します。モデルが何であれ、よりくつろいだ雰囲気でこそ、牛群の産乳量も増えます。

グローバルページ情報
 
!

Please note that this is a global webpage. For more information on the availability of this product in your country please reach out to your local GEA dealer.

販売店を検索