飲料用途向けカーボネーションシステム DICAR™ カーボネーションシステム

DICAR™ は、ソフトドリンクに対する連続的な高精度カーボネーションが可能な設計になっています。主に適切な配管材を含む CO2 サチュレータ、カーボネーションタンク及び分析装置 (オプション) で構成されます。

GEA カーボネーションシステムタイプ DICAR™ の特長と利点

製品の最高 10 g までの CO2/1 単一段階カーボネーションと製品の CO2 成分の測定 (DICAR-C™ のみ)

  • CO2 成分の直接制御 (-> DICAR-E™ で圧力使用)
  • 特殊なジェットノズルを使用した CO-2 溶解
  • 簡単な操作
  • 小型で工場テスト済み装置
  • 小型ミキサタイプ DIMIX-C™ のために直列ブレンドシステムタイプ DICON-C™ との組み合わせが可能

ご用件をお伺いいたします。

カーボネーションの機能

ブースターポンプの助けを借りて、調合飲料はベンチュリの原理に従って動作するサチュレータに運ばれます。最適化された制御により、一定の動作範囲内でサチュレータを通る流速を保持します。サチュレータの最小交差部分で作り出される部分的真空により圧力レベルが下げられ、それに従って希望する CO2 の吸引効果が得られます。それとは別に、短時間で流速を上昇させて CO2 ガスを細かく分散させ、製品との均質な混合を実現します。CO2 は圧力タンクからサチュレータに供給されます。圧力タンクの一定の過圧力で、飲料の均等なカーボネーションが可能になります。この手順では、CO2 が損失なく供給されます。
その結果、飲料のカーボネーションは本質的にタンク圧力によって決まりますが、その圧力は特定の飲料に対する希望の CO2 セットポイントに従って調整され、製品の飽和圧よりわずかだけ高く設定されます。さらに、温度補償がタンク内の圧力を飽和曲線に合わせて調整します。システムの寸法は、必要とされるシステム全体の流量によります。

ソフトドリンクのカーボネーション向けカーボネーションシステム DICAR-C/E™

GEA のカーボネーションシステムのタイプ DICAR-C/E™ は、ソフトドリンクに対する連続的な高精度カーボネーションが可能な設計になっています。

カーボネーションシステム DICAR-C/E™ は、主に次の構成機器から成ります。

  • カーボネーションタンク
  • サチュレータ
  • ブースターポンプ
  • アナライザ (CO2-メータ、導電率計 (酸成分及びブリックス計量))
  • 操作装置

ブースターポンプの助けを借りて、調合飲料はベンチュリの原理に従って動作するサチュレータに運ばれます。最適化された制御により、一定の動作範囲内でサチュレータを通る流速を保持します。サチュレータの最小交差部分で作り出される部分的真空により圧力レベルが下げられ、それに従って希望する CO2 の吸引効果が得られます。それとは別に、短時間で流速を上昇させて CO2 ガスを細かく分散させ、製品との均質な混合を実現します。CO2 は圧力タンクからサチュレータに供給されます。圧力タンクの一定の過圧力で、飲料の均等なカーボネーションが可能になります。この手順では、CO2 が損失なく供給されます。

その結果、飲料のカーボネーションは、本質的にタンク圧力によって決まりますが、その圧力は特定の飲料に対する希望の CO2 セットポイントに従って調整され、製品の飽和圧よりわずかだけ高く設定されます。さらに、温度補償がタンク内の圧力を飽和曲線に合わせて調整します。

システムの寸法は、必要とされるシステム全体の流量によります。その目的のため、次の公称幅を利用できます。DN 50、DN 65、DN 80、及び DN 100。

本質的な製品データ、たとえば

  • CO2 成分
  • 酸成分の導電率
  • ブリックス値
は、あらかじめ決定されている制限内で取得および監視されます。CO2 成分は、混合タンクの圧力を変えることで、パラメータ化可能な制限内で制御されます。

ご用件をお伺いいたします。

特長

  • 製品の最大 10 g CO2/l の単一段階カーボネーション
  • 製品の CO2 成分の測定
  • CO2 成分の直接制御
  • 特殊なジェットノズルを使用した CO2 溶解
  • 簡単な操作
  • 小型で工場テスト済み装置
  • 連続小型ミキサタイプ DIMIX-C™ のための直列ブレンドシステムタイプ DICON-C™ との組み合わせが可能

無菌カーボネーションシステム DICAR-C™

飲料のカーボネーションのため、GEA は飲料の高精度連続カーボネーション用に設計した DICAR-C™ を製品に加えました。アルコポップ、シャンパン及びスパークリングワインだけでなくノンアルコール飲料にも適しています。

また、オプションで DICAR-C™ も上記特性を持つ「無菌」バージョンとして設計可能です。CO2 の供給など、特定機能の要件と完全システムの滅菌機能を満たす必要がある設計と構成機器の選択肢に重点が置かれています。

無菌バージョンでは、製造プロセスで滅菌バルブが使用されます。その後、システムに蒸気を当てられるように、滅菌フィルタを通して CO2 が供給されます。さらに、熱サイフォン式装置 (TS システム) がシステムのベースフレームに取り付けられます。この TS システムでは、システム外部から供給される必要のある無菌蒸気が、制御された方法で冷却されます。作られる凝縮体は、ポンプの複動式メカニカルシールのすすぎに使用されます。この方法で TS システムは、漏れ補償、熱サイフォン効果によるロック液体の循環、シールの冷却、ロック室での圧力増加及び乾燥動作の防止といったロックシステムの全タスクが機能します。

ご用件をお伺いいたします。

無菌カーボネーションの利点

無菌充填を行う場合、お客様は無菌カーボネーションプロセスを利用して投資とエネルギー費用を節約します。これは、低い圧力レベルで低温殺菌を行えるからです。さらに、生産時にポンプで必要となるエネルギー入力が少なくて済むということも意味します。