PowerPak PLUS: お客様の立場で考える

PowerPak PLUS: お客様の視点から

物事を明確に理解するためには、お客様の立場に立って考えることができなければなりません。この新しい PowerPak PLUS を設計する前に、GEA 製品のエキスパートとエンジニアは、食品包装業界内のさまざまな職種のお客様に、高効率の熱成形パッケージングラインを稼働させる上で直面する日常的な課題について尋ねました。

意見の差に価値がある

その結果は、技術部長と工場長と事業主のそれぞれの立場を反映した3つのインサイトです。お察しの通り、彼らはそれぞれの観が異なりますが、いろいろな意味で目的は同じです。事業主は物事を大局的にとらえる必要があり、コストを低く抑えると同時に品質の維持に取り組みます。工場長はより日常的なことに取り組み、業務の効率と機械の可用性に注目します。一方、技術部長はクラス最高のテクノロジーの確保に取り組みます。それぞれアプローチは異なりますが、協力して同じ課題に取り組みます。

彼らのインサイトを読み解き、自分のインサイトと比較してみましょう...

persona-1

フィルムが薄いほど無駄が少なく利益率が高い: これがパフォーマンスの力

事業主は物事の大局に集中する必要があります。コスト抑制は必要なことですが、効率性と、もちろん環境の持続可能性を犠牲にしてはいけません。 

会社による法の順守状態を確保し、顧客の動向に素早く反応し、新しい市場を開拓し、小売業の顧客が求める包装の柔軟性を提供するためには、熱成形機を最新の状態に維持する必要があります。使い捨てのプラスチック製品の削減と二酸化炭素排出量の最少化という世界全体の責務があるため、環境の持続可能性も常に議題の中心になります。 

GEA の PowerPak PLUS 熱成形機は慎重な評価を経て、事業主からの評判の高さを証明しました。GEA は食品加工と食品包装において高い評判を得ており、特に、企業にとって長期に渡って不可欠となる設備の総所有経費に関する問題に対して重点的に取り組んでいます。膨大な財務経費に対処する前に、GEA テクノロジーセンターでプロセスを試験できるようにすることも非常に有用です。 

事業主の主要目的は、生産性、柔軟性、安全性、製品品質の向上です。価格は常に重要ですが、設備を購入せずリースする機会を含めた財務上の選択肢の利用可能性も重要です。 

事業主は GEA PowerPak PLUS を導入することで、完成品の質の大幅な向上と同時に、包装不良の大幅な低下を期待できます。操作に必要な人員が少なくなり、ダウンタイムも短縮されます。この機械制御システムは非常に効果的であり、極薄フィルムを使用できるので、総材料費に大きな差が生まれます。PowerPak PLUS では、以前は使用できなかったモノフィルム材も使用できます。これは消費者が簡単にリサイクルできる素材です。 

事業主は全体的に、包装品質と衛生環境の改善を見込めます。PowerPak PLUS に含まれる複数のイノベーションにより節約が可能になり、それによってすばやく投資を回収できます。

persona-2

ダウンタイムの短縮; 製造時間の増加: これこそがパフォーマンスの力

工場長は、熱成形工場の日常的な稼働に対する責任を負う者として、主に業務の効率、機械の可用性、全体的な生産性を重視します。これらの要素と、品質の維持・向上のニーズは、設備のアップグレードの判断を下す際に最重要視される分野です。 

どんな時も課題は存在します。第一に、新しいシステムを使って、同意した基準に従い、製品を確実に提供しなければなりません。第二に、コストは重要な検討対象です。設備投資ではなく、競争力を必要とする全体的な総所有経費を重視すべきです。最後に、工場内はスペースが限られているので、新規設備の設置面積を最小限に抑えるべきです。 

GEA はこの業界では信頼性の高いパートナーとして有名であり、設備とプロセス体験の質と効率を明確に実証できるすばらしい関連拠点を数多く所有しています。このような理由から、GEA PowerPak PLUS 熱成形機はこのテクノロジーの主要イノベーションとして市場で高い評判を得ています。例えば、上部ウェブと下部ウェブが片側ではなく両側から支えられています。つまり、熱成形プロセスの安定性と制御が極めて正確であるということです。さらに、両方のフィルムが自動で調整されてパックシールが常に完璧に仕上がるため、熟練したエンジニアが常に機械を見張る必要はありません。 

工場長に喜ばれる重要な特徴が1つあります。それは透明のスライドドアで、特に狭い場所で移動させるときに邪魔になり、つまづく危険があった従来の検査用ハッチに代わるものです。さらに従来のハッチは汚れるので衛生面で妥協せざるを得ませんでした。PowerPak PLUS のスライドドアからは、機械が良く見えて、フィルムロールを交換するタイミングが分かるので、ダウンタイムが短縮されてフィルムの無駄が抑えられます。さらにこのドアは開けたら機械に格納できるので、汚れることも邪魔になることもありません。 

PowerPak PLUS の再設計中に終始、GEA は工場長のことを考えていました。全てのフィルムロールのサイズを標準化することで、保守管理の簡易化と予備部品在庫コストの削減を実現しました。支持部が大きくスイングして完全にアクセスできるので、フィルム交換も簡単です。GEA はこれらの特長だけでなくさらに多くの特長を PowerPakPLUS に組み込んでおり、それらすべてがダウンタイムの短縮に貢献しており、工場長の仕事も楽になります。

persona-3

包装コストを最小限に抑えた先進技術: これこそがパフォーマンスの力

技術部長の仕事には性能効率が最も大切です。競争の激しい市場においては、常に最新の状況を把握し、ベストプラクティスと最新のコンセプトを利用することが極めて重要です。だからこそ、最新のテクノロジーと生産方法を熱成形工程に活用する必要があります。 

その目的は、必要人員の削減、リコールの抑制、工場業務の簡易化、保守管理の時間とコストの削減により、効率性の向上に常に取り組むことです。しかしそれはテクノロジーだけに留まりません。そこが重要な点で、サービスバックアップ、予備部品の可用性、業務全体の技術的安定性、最終的には新規設備の総所有経費を含めた総合パッケージなのです。

どの新規プロジェクトでも注意が必要です。GEA はドイツのバラウにある自社のテクノロジーセンターで PowerPak PLUS を稼働させています。試験はリモートでも実施できます。このテクノロジーセンターはお客様にもご利用いただけますので、新しいパックを使って実験を行い、原材料の使用量の削減と無駄の予防を実現できる能力をご自身の目でぜひお確かめください。GEA は、オペレーターの皆様が効率的かつ安全に作業できるように、オンサイトトレーニングとグローバルサポートも提供しています。 

PowerPak PLUS の技術的安定性のレベルは驚異的です。フィルムロールを両側から支え、自動調整を盛り込むことで、GEA は上部ウェブにかかる力を約75%減らし、構造的完全性が失われず、ラベルが引っ張られて変形することなく、薄いフィルム(モノフィルムを含む)を使用できるようにしました。また、機械全体でフィルムローラーを標準化して互換性を持たせることで、切り替えを簡単にし、在庫部品の量を減らしました。さらに、従来のハッチシステムよりも機械の中が見えやすく衛生面もはるかに高い透明のスライドドアを採用しています。 

食品包装会社が PowerPak PLUS を導入すれば、現在市場で販売されている最先端の熱成形機を所有しているという自信を持つことができます。そのおかげで強力な取引ポジションを獲得でき、総所有経費が改善されることを確信し、投資を効果的かつ確実に回収できます。