連続生産は多くの企業にとって選択すべき技術となりつつありますが、大半のパーソナルケア製品製造業者は、未だに、十分確立しているものの時間がかかるバッチベースのプロセスを使用してシャンプーを製造しています。したがって、化粧品およびパーソナルケア製品のトップサプライヤがその生産性の向上を決めたときに、GEA は、既存のバッチプロセスの後継となる連続シャンプー混合システムの設計と構築を求められました。

生産のスケールアップ、費用削減および化粧品生産技術の最前線に留まることを望んでいたため、新しいプラントには連続混合プロセスを組み込む必要がありました。それにより、バッチ間の洗浄要件が減り、時間が削減されて生産量が著しく増加しました。正しい製法に従った製品から外れたものを 1 % 未満とすることが重要でした。GEA の課題は、各ブレンドの材料を正しく混合して一貫したフローを確保することでした。この実現には、ポンピング精度を維持するための、一連の流量計とプログレッシブキャビティデバイスを採用した高度な較正システムが使用されました。

戻る