メニュー

Bus air conditioning

Keeping travelers cool

The use of modern air conditioning systems in buses is standard nowadays, to provide an optimum, safe and pleasant environment for the bus driver and for the passengers.

バスの空調システムに使用される GEA 車両用コンプレッサ

多くの国では、外気温は冬場の氷点下と夏場の熱帯並みの気温との間で変動しますが、バスの車内では約 22 ℃という一定の気温を維持する必要があります。したがって、効率が良く信頼性の高い空調システムが必要です。

GEA 商用コンプレッサは、一部のバスで空調システムの心臓部を担っています。今日の主要なバスメーカーはすべて、GEA コンプレッサを採用しています。車両用コンプレッサは、たとえば、ディーゼル駆動と電気駆動を問わず、Evobus、Setra、MAN、Solaris および IVECO 製の数多くのバスに快適な環境を実現しています。

バスの空調分野では、車両用 FK コンプレッサは世界のスペシャリストです。このコンプレッサは、軽量、コンパクトで非常に堅牢な設計、広範な速度範囲と高効率の動作性能といった特徴を備えています。FK コンプレッサは、ディーゼル駆動のバスでの使用に最適です。  

半密閉型の GEA コンプレッサの多様なプログラムにより、ハイブリッドバスや電気バスのモバイル空調分野に適切なソリューションが提供されています。このようなコンプレッサでは、持続可能性と効率性を確保しています。最高の品質基準に基づいたスムーズで静かな動作、容易な保守、効率性および信頼性が、吸引ガス冷却式 HG シリーズの特徴です。 

公共輸送機関での電動交通手段の重要性は大幅に高まっています。電気駆動システムを装備することにより、バスの燃料消費量と排出ガスは、今後数年の間に明確に削減されます。一度は定着したものの、現在ではほとんど忘れ去られたトロリー設計とは別に、動力を供給するために、少なくとも 2 つの変換器と 2 つの電力貯蔵装置を車両に直接組み込んだハイブリッド車が使用されています。変換器としては、電動モータ、オットーエンジンおよびディーゼルエンジンなどがあります。電力貯蔵装置には、バッテリや燃料タンクなどがあります。

 

製品および技術

{{total}} の {{count}} を表示

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ