真空技術 液体ジェット固形物ポンプ

液体ジェット固形物ポンプは、実績のあるジェットポンプ技術に基づいており、多くの場合、様々な種類の固形物を搬送するために使用されます。

当社のスチームジェットシステムは信頼性が高く、低保守を実現します。

用途

液体ジェット固形物ポンプは、砂、砂利、塩、活性炭、イオン交換樹脂、およびその他のタイプの固形物を搬送するために使用されます。また、水処理・排水処理プラントの炭素除去・脱酸プロセスにおいて反応器塊または大理石砂利で反応器を充填したり空にするためにも使用されます。さらに、汚水処理・排水処理で沈殿剤を添加するためにも使用されます。

運転モード

液体ジェット固形物ポンプは、駆動液体を利用して流動性顆粒物を搬送することができるジェットポンプです。搬送される物質は、ホッパーを通ってこのジェットポンプに流れます。

駆動液体 (ほとんどの場合は水) は、高速度で駆動ノズルからこのポンプの混合チャンバに流出し、混合チャンバ内に存在する物質を取り込みます。搬送される物質の種類によって異なりますが、一定流量を維持するために、洗浄水をホッパーに噴射する必要があります。液体と物質の混合物は、配管またはホースによって適用点に直接搬送することができます。

また、液体ジェット固形物ポンプは、ホッパーおよび洗浄水の接続部を備えた完全ユニットとして供給することもできます。固定式ユニットだけでなく移動式ユニットもご利用いただけます。

 

利点

  • 可動部品なし
  • 保守不要
  • ほぼすべての状況で設置可能
  • 迅速かつ簡単に運転に投入可能
  • 適切な構成材料が選択されると、ほとんど無制限の寿命
  • 様々な構成材料から製造可能
  • 取得コストが低い