ラムフィーダー DairyFeed J E130 / E150

DairyFeed J E130 および E150 ラムフィーダーは、子羊の健康維持と飼育を支援します。両製品とも、お客様の営農において生じる個々のニーズに適合する製品です。

子羊の飼育において栄養は非常に重要な要素です。特に個々の必要を満たすように作られた高品質な飼料を摂取すれば、子羊は早く健康に成長します。そのため、羊の出産数が多くても、それぞれの子羊に適切な給餌を行うことが極めて重要です。その解決策となるのが GEA DairyFeed J E130 および E150 ラムフィーダーです。これらの自動子羊用哺乳機は、GEA のトータルソリューション戦略の一環として、この不可欠な仕事を支援します。

子羊用哺乳機 :DairyFeed J E130 / E150 は子羊の健康維持を支援します

このラムフィーダーには、次のような利点と機能があります。

  • 労働集約性が低く、確実で安全な給餌が可能
  • 子羊用に使いやすくできている
  • 必要に応じて飼料の供給量を調節可能
  • 一元管理できる直感的な小型の操作パネルを装備
  • 優れた撹拌力と確実な供給 :機種に応じて、1 台で 180 頭または 240 頭の子羊への給餌が可能

GEA のラムフィーダーが自動化された効率的な給餌を実現します

自動給餌を行えば、フィーダーから供給される飼料の量を正確に測定できます。子羊特有のニーズを満たし、必要に合わせて飼料を分配するように設定できます。また、このフィーダーは、飼料の温度を子羊にとって快適な温度に保つこともできます。この種の自動給餌は、高品質の飼料を無休で最適に供給しながら、お客様の時間と労力を節約します。このラムフィーダーには、他に次のような特徴があります。

  • 設置が簡単で、直感的に操作できる
  • 使用後の洗浄が簡単
  • 指定した温度での新鮮で温かい飼料の供給が可能

すべては子羊の健康のためです。お客様が子羊を簡単かつコスト効率良く飼育できるよう支援します。例えば、子羊の正確な月齢と大きさに合わせて、哺乳ティートの位置を調節できます。

グローバルページ情報
 

DairyFeed J E130 と J E150 の相違点

あらゆる牧場経営者が子羊にとって最適なラムフィーダーを使用できるように、GEA は 2 種類のソリューションを提供しています。2 種類のラムフィーダーの違いは、以下のとおりです。

DairyFeed J E130DairyFeed J E150
哺乳吸引ノズルの最大数68
加熱能力 (kW)2.85.0
子羊の最大頭数180240
どちらのバージョンも、これらの子羊特有のニーズを満たすように調整されています。どちらを使用しても、労働集約性の低い給餌を行えるうえ、子羊が健康に成長します。
!

Please note that this is a global webpage. For more information on the availability of this product in your country please reach out to your local GEA dealer.

販売店を検索