半密閉圧縮機 HG Single-Stage Compressors

半密閉圧縮機のGEA Bock HG(半密封ガス冷却)シリーズは、従来のガス冷却圧縮機に最先端の技術を提供します。これらの最高品質標準の圧縮機は、運用快適性、保守容易性、効率性、信頼性に優れています。

産業用ガス冷却GEA圧縮機シリーズ(HG22e、HG34e、HG44e、HG66e、HG88e)は、最適化された新設計で提供されています。新しい圧縮機は、冷凍・空調分野での用途に加えてスーパーの冷凍設備に理想的です。従来製品よりも効率性を向上し、排気段階を増やし、構造設計を小型化し、接続構成を刷新しています。

特殊機能:

  • ガスの流量を最大化する新設計によるハウジング
  • 最適化されたバルブプレートシステム
  • 最新世代の高効率モータ
  • 交換可能なモータ
  • 実績と信頼性のある油ポンプによる注油
  • 標準的なフットプリント
  • 標準的な接続

低GWP冷媒R513A およびR450Aの容量データは、弊社の選択ソフトウェアVAPでご覧になれます。

GEAバルブプレートシステム

標準的なバルブプレートの構築
中小容量のGEA圧縮機は、標準的なバルブプレート設計を装備しています。この世界的に認められているバルブ設計は、吸排気側に指リードバルブを装備しています。フィンは高品質な耐衝撃性ばね鋼で製造されています。効率的な圧縮を実現するために、中小容量製品に合わせて入口弁および出口弁の流量を最適化しています。
HG12 P – HG56e

mexxFlowバルブプレートのイノベーション
冷凍容量を増やして消費電力を削減する – これは、新世代のより大容量なGEA圧縮機の心臓部を形成するmexxFlowバルブプレートの座右の銘です。往復コンプレッサのエネルギー効率を高めるために、製造業者はバルブプレートシステムを常に重要視してきました。標準的なバルブプレートは、容量が大きくなると効率面で限界に達します。GEAは、mexxFlowを使用して自社の圧縮機の効率を最大20 %高めることに成功しました。この成功は、特別に設計されたシリンダヘッドと組み合わされた、流量を最適化するバルブプレートのダブルリングフィン構造によって達成されました。
過去10年間の実践経験から得た知識を活用して、mexx Flowプレートシステムを一貫的に改良し、さらなる開発を進めました。その結果完成したのがmexxFlow 2.0です。
第二世代は、より高い耐久性とより一貫した高効率性を兼ね備えています。これにより、さまざまな用途における最も厳しい要件にも適合します。
HG66e + HG88e

バルブプレートシステム
バルブプレートシステム
 

現在のプログラム

5.4~281.3 m³/h(50 Hz)の25段階の容量を備えた7つのモデルサイズ
5.4~281.3 m³/h(50 Hz)の25段階の容量を備えた7つのモデルサイズ
VAP


HG単段圧縮機のさらに詳しい情報(技術/性能データ、図面、スペア部品一覧、動作限界など)は、以下のリンク経由で圧縮機選定ツールVAPでご覧になれます:VAP compressor selection HG single-stage compressors

HG66e圧縮機とHG88e圧縮機に使用されるmexxFlow® バルブプレート技術に関する動画

HGeシリーズ全体に関する動画