半密閉圧縮機 HG HC コンプレッサ

炭化水素用 HG HC コンプレッサ

炭化水素シリーズの GEA コンプレッサは F ガス規制の要件をすべて満たしています。長期間の使用が可能なため、システム製造業者、ユーザー、投資家からの期待が高まっています。炭化水素には可燃性があるため、安全性に関連した仕様設計が必要になります。

特殊機能

当社が現在取り扱っている半密閉製品に基づいて、GEA Bock では、特に炭化水素を用いた使用に特化した代替コンプレッサの特殊型をご用意しております(R290/R1270)。

炭化水素向けに設計されたコンプレッサは以下の特長を備えています。

  • 耐久性の高い駆動ギア 
  • 熱保護サーモスタット(推奨) 
  • 油受ヒーター(必須) 
  • 特殊なオイルチャージ 
  • スイッチキャビネットに設置する際に使用するモーター保護装置 INT69 G  
  • 炭化水素のあらゆる要求に対応できるよう最適化 

これらのコンプレッサは特別仕様です。炭化水素が投入された状態のコンプレッサの取り扱いは、訓練を受けたスペシャリストのみが行ってください。重要指示事項の詳細については、組み立てに関する指示事項をご確認ください。安全対策を確実に施すために、追加の同意として「冷媒としての炭化水素」(GEA Bock Art. No. 09996)に署名する必要があります。

グリーンを思い、ブルーを選ぶ。
 

現行プログラム

5.4~281.3 m³/時(50 Hz)で容量が25段階に分かれている7種類のモデルサイズ

5.4~281.3 m³/時(50 Hz)で容量が25段階に分かれている7種類のモデルサイズ
2019年第3四半期から発売される HG88e HC

VAP


HG HC コンプレッサの詳細(技術/性能データ、図面、スペアパーツリスト、動作限界など)については、次のリンクよりコンプレッサ選定ツール VAP にアクセスしてご確認ください: VAP コンプレッサ選定 HG HC コンプレッサ
さらに、炭化水素を用いた稼働も可能な ATEX コンプレッサもご用意しております。