Handling systems

焼いた製品は、冷却後、包装および梱包ステーションへの搬送時に非常に丁寧に扱う必要があります。

製造工程において、冷却後の製品の取り扱いは非常に重要なステップです。仕上がった製品へのダメージを防ぐと同時にライン全体の高い製造効率を確保するには、経験とノウハウ、さらには実績あるコンベヤデザインが必須です。

製品の積み重ねは重要な段階であり、製造において高効率を達成するには、もろい材料の取り扱いに関する専門知識が必要不可欠です。 生産中の製品のタイプに合わせて、GEA は、冷却後から梱包システムへの供給前までの部分でビスケットやクラッカーを取り扱うための積み重ねシステムを2種類開発しました。

ストリップの破砕
上部ローラーによりストリップが丁寧に分割されて1つ分の生地が形成される

製品は、並べられるか、または方向をそろえられ、個別に慎重に切り分けられて1つ分ずつまとめられます。あるいは、包装工程前の自動製品積み重ね処理のためにガイドに流し入れられます。例えばクラッカーストリップは、並べられて、一連の上部ローラーを通過することで丁寧に切り分けられます。

チャネリングボードとペニースタッカー
チャネリングボードとペニースタッカー

焼いた製品の完成品を積み重ねるために通常使用されるシステム:

  • ペニースタッカーは、より柔軟性が高く、幅広い製品を取り扱うことができます。さまざまな速度で稼働する一連のコンベヤで構成されており、速い方のコンベヤから遅い方のコンベヤに製品を移して積み重ねます。
  • スターホイールシステムでは星形の回転シャフトを採用しており、製品をとらえて立てて、個別のコンベヤに載せます。
スターホイール式積み重ねシステム
ビスケット用のスターホイール式積み重ねシステム

積み重ねられた製品は、自動ローダー経由で梱包機に自動で供給されます。