半密閉圧縮機 HA Single-Stage Compressors

GEA Bock HA(密閉空気冷却式)圧縮機は、低温用途で最高の効率を誇る半密閉ソリューションです。

圧縮機の低温用途の要求が高まっています。この場合、サクションガス冷却式半密閉圧縮機が該当します。低温用途では、冷媒の質量流量はより小さく、ドライブモーターによって冷媒が加熱されます。これにより圧縮機の動作に以下のような影響が及びます。
  • 比重の減少により体積効率が低下します。
  • 排出温度とオイル温度が高くなります。つまり、オイルの劣化が加速して潤滑特性が劣化するということです。
GEA Bock HA 圧縮機は最も効率的な選択肢です。空気冷却ドライブモーターと組み合わせた直接吸入圧縮機を採用しています。サクションガスは加熱されず、モーターを経由することなくシリンダーに直接送られます。統合されているコンパクトな換気ユニットによって、モーターを冷却し、空気をシリンダーヘッドに供給してヘッドの一部も冷却します。このソリューションでは、排出温度が低くなり、容量が大きくなり、用途の幅が広がります。空気冷却式 HA 系列は低温専用で、標準的なガス冷却式半密閉製品と比較すると次のような利点があります。
  • 排出温度が低い。新品の従来の R404A 置換冷媒を使って稼働させると特に有利。
  • より高い効率。排出ガスの冷却に液体注入を使用せざるを得ない圧縮機モデルと比べると特に有利。
HA44e 断面図
HA44e 断面図

特殊機能:

  • モーター冷却用の外部ファン
  • 最新世代の高効率電気モーター
  • 交換可能なモーター
  • 標準的な設置面積
  • 標準的な接続
  • 実績があり信頼性の高いオイルポンプ潤滑
  • 改良されたバルブプレートシステム
  • ガスフローが最適化された新設計のハウジング

ご用件をお伺いいたします。

排出温度の比較

低 GWP 冷媒 R449A で稼働した場合の HA と HG の排出温度の比較
低 GWP 冷媒 R449A で稼働した場合の HA と HG の排出温度の比較

当社のソフトウェア選定 VAP 内で、低 GWP 冷媒(449Aなど)の容量データをご覧いただけます。

現行プログラム

3つのモデルサイズで 11.1~57.7 m³/h (50 Hz) の10段階の容量
3つのモデルサイズで 11.1~57.7 m³/h (50 Hz) の10段階の容量
HA 単段圧縮機
現行タイプ50 Hz (1450 1/min) m³/h での置換
HA22e11.113.716.5
HA34e18.822.127.333.1
HA44e41.349.257.7
VAP


HA 圧縮機の詳細(技術/性能データ、図面、スペアパーツリスト、稼働限界など)については、次のリンクからアクセスできる圧縮機選定ツール VAP でご確認いただけます:VAP 圧縮機 選定 HA 空気冷却圧縮機