GEA OxyCheck

調整気相包装を検査する、世界初の非侵襲的品質保証システムである GEA OxyCheck は、廃棄処分を防ぎ、食品の安全性を保証します。

GEA OxyCheck は、熱成形機から出た、個々の MAP (Modified Atmosphere Packing: 調整気相包装) の酸素 (O2) 含有量と密封性を検査する直列型品質管理システムです。包装材と内容物の廃棄を伴い、わずかな割合のパックを検査するに過ぎない、時間を要するサンプル検査が不要となります。

消費者、小売業者、生産者-すべてにもたらすメリット

消費者は安全、新鮮でヘルシーな包装済み食品を、小売業者はより長い賞味期限と見た目の卓越した美しさを求めており、食品生産者は生産物を合意した品質仕様で提供する義務があります。MAP (Modified Atmosphere Packing: 調整気相包装) の中の食物を、消費者に完璧な状態で確実に届ける上で欠かすことのできない役割を果たす、新しくなった GEA OxyCheck は、三者にメリットをもたらします。

GEA 製熱成形機上の MAP のための直列型品質管理システム

GEA PowerPak 熱成形機上で密閉された直後の、パック内のO2 含有量を正確に測定するため、GEA OxyCheck は非侵襲的技術を使用しています。生産ラインからランダムに取り出したサンプルパッケージを検査するだけの通常の技術と異なり、GEA OxyCheck は、フィルムを傷つけたり、開封することなく、個々のパッケージを検査します。漏れを検知するため、熱成形機の第 2 測定ステーションで、 O2 含有量を再チェックします。仕様を満たさないパッケージは自動的に排除され、サプライチェーンに入りません。

独自のセンサースポット技術

本システムでは、覆っているフィルムの内側に印刷された独自のセンサースポットを使用しています。スポットは食品の安全性に影響を及ぼすことがなく、食品と接触する材料に関するすべての規制を遵守するものです。GEA OxyCheck は、スポット内の特殊な染料の蛍光特性を使用しています。正確にO2 含有量を判定するため、熱成形機に取り付けられた光センサーが、センサースポットに光を照射し、染料から発する蛍光の波長を測定します。

新型および既存のGEA 熱成形機について

現在、新型機械のオプションである GEA PowerPak 水平熱成形機や、MAP に対応している既存の PowerPak NT 機器世代の改良アップグレード版で本アプリケーションの使用が可能です。GEA PowerPak の定格回転数は 1 分あたり最大 20 サイクルで、GEA OxyCheck はこの回転速度で稼働するため、熱成形機の平均スループットは、事実上直列型 MAP 品質管理システムの影響を受けません。

 

酸素含有量を測定する理由

MAP で使用される主要なガスは、二酸化炭素 (CO2) と窒素 (N2) ですが、酸素が通常パーセント単位で残留しています。腐敗の原因となり、腐りやすい製品の賞味期限が短くなるため、酸素の量は非常に重要です。パッケージ内部の酸素レベルを測定することにより、食品の賞味期限と食品の安全性が期待される基準内にあるか判断することができます。

OxyCheck センサースポット

GEA OxyCheck 包装センサー

主な利点

  • 個々のパックの O2 含有量を検査することによる、100% の確実性
  • 非侵襲的測定技術による、包装材または内容物の無廃棄
  • 直列型自動処理による、迅速さと効率性
  • 仕様外のパックが最初に生産された際の速やかな検知
  • 仕様外のパックがお客様の現場に残るリスクの大幅な削減

連絡先

ご用件をお伺いいたします。