高いアルファ酸の産出 HOPSTAR™ Iso ホップ技術

効率的な処理方式

麦汁沸騰のためのエネルギー経費を大幅に削減し、高いアルファ酸産出を実現します。GEA は、ホップ抽出物を効率的に使用する革新的な方法を開発しました。業界でのこの方法の用途でも、牛乳処理の分野などでよく知られた、実績あるホモジナイザが組み込まれています。

革新的なホップ技術

加工装置 HOPSTAR™ Iso は、主にホップの抽出のために設計されていますが、プロセスをわずかに変更すれば、ホップペレットとホップ抽出物の混合液も処理できます。方法と併せて機械装置でも特許出願が提出されています。

高アルファ酸産出の基本的な技術原則は、ホップ抽出懸濁液内の液滴サイズの低減と、通常の麦汁沸騰と並行した制御プロセス条件下での懸濁液の異性化です。異性化されたホップ抽出懸濁液の注入は、ケトル内での麦汁沸騰の終わりに向かって、あるいは温麦汁に麦汁冷却器を入れる直前の準備段階に独立して行われます。

驚くべき結果

アルファ酸注入を 30 %削減するという大規模な試行では、感覚的に極端な結果となりますが、麦汁ケトルに全体ホップ抽出を注入する標準的な方法で作り出されるビールバッチよりも、さらに調和のとれた苦みのビールになります。

苦味単位の分析結果では、いずれのビールも同等のレベルを示しています。ホップ油分の指標物質であるリナロールは、異性化ホップ抽出懸濁液の注入によるビールでは、通常どおりホップで風味が付けられたビールよりも係数で 3 ~ 5 と大幅に高くなっています。

暫定的ビール法の条項外でビールを醸造できるのであれば、異性化アルファ酸の算出は、飲料水条例に従ってホップ抽出懸濁液の pH 値をプロセスに関連して調整することでさらに高めることができます。

ここに挙げた技術は、醸造産業のお客様を支援し、ビール製造の省エネプロセスの実装に関して政治により定義された目標を実現し、CO2 排出量の削減に寄与できるようにします。

高い生産量のための効率的な処理 - 結論

ホップ抽出懸濁液の均質化と異性化を行う HOPSTAR™ Iso 機械装置への投資は、ホップ、特にアルファ酸の効率的で持続可能な使用によって特徴付けられます。ホップの注入を 30 % 削減する可能性があるため、醸造者それぞれが、年間のホップ購入コストをどの程度削減できるのかを簡単に判断できます。

さらに、麦汁沸騰の際のエネルギー経費に関して、本来必要とされる熱の最大 50 % の節約が可能です。

この技術を活用することで、EU での環境ポリシーの目標を実現するための、省エネと持続可能な製品製造の用途から寄せられる要求が満たされます。

ご用件をお伺いいたします。