GEA 排出抑制技術 GEA バグハウスフィルター

プロセス産業向け GEA バグフィルタ技術と設計機能

バグフィルタは、ガス浄化のために塵の含有量を低くしなければならない多くの場合に選択される技術です。非選択的ベースで大きな負荷を除去する能力によって、バグフィルタは多くの用途で重要とされます。

GEA の低圧バグフィルタ技術設計

バグフィルタレイアウトレジェンド

収集原理

含塵ガスの流れが多孔層のファブリックまたはフェルトを通過すると、粉塵はキャリヤガスから分離し、フィルタメディアに沈着します。これは定期的に取り除かれ、ダストホッパーに落ちます。

フィルタ材には、天然または人工繊維の他、無機繊維 (ガラス、鉱物、金属繊維) で作られた織布または不織布ファブリックが使用されます。

GEA ガス浄化技術

当社はすべてのお客様がそれぞれのニーズに合わせて調整されたソリューションを費用対効果が良い方法で時間通りに受け取ることを保証します。

バグハウス – 炉およびクリンカ冷却器

  • LPHV 技術 (低圧大量浄化パルス) – 最小限の保有コスト (O&M)

ESP と逆空気ろ過を低パルス圧のバグハウスに変換

  • 再利用、(可能な場合) スチール、ケーシング、粉塵搬送システムをサポート

窒素酸化物制御システム

  • SCR 選択的触媒低減

水銀制御

  • 統合型微粒子制御を使用した活性炭

空気からガスへの冷却 (セメントクリンカ冷却器向け)

  • 冷却器 + ファブリックフィルタシステム (排ガス用クリンカ冷却器向け)

SO2 および酸性ガスのスクラバーシステム

  • 湿式スクラバー
  • 試薬注入

冷却塔

  • 単一流動 (水) スピルバッグ噴霧設計
  • 二重流動 (空気 / 水) 噴霧設計

電気集塵機

エネルギー回収システム

 

GEA 独自の低圧大量技術 (LPHV 技術) は特に大きなガス流の処理に適用されます。

この技術は、それぞれ 8 メートルの長さに最大 1,150 個のバグが含まれている (セル毎で約 3,700 平方メートルのろ過面積に匹敵) 大型の複数コンパートメント設計のために最適化されています。必要とされるパルスエア装置は最小限です。

ウォークイン浄化ガスコンパートメント

  • バッグへのアクセスは簡単です。完全にアクセス可能なバッグなので、吹管とベンチュリーを取り外する必要はありません。バッグはツールを使わずに交換できます。

低圧空気浄化技術によって、以下のメリットが得られます。

バグフィルタに 1 つのダイヤフラム

  • 保守費用の低減。コンパーメントごとに 1 つのパルスエアダイヤフラム弁 (通常 1 台の炉に合計 4 つ。従来の設計では >100 以上必要)。
  • プラントの空気圧縮機は不要。信頼性の高いルーツ型送風機により低コストの運転でバッグ浄化に必要な空気を提供。

追加機能

  • コンパートメントの設計が少ない (セメント炉では通常 4 種類のみ必要)
  • オンラインまたはオフラインの保全設計
  • 競争力のある初期費用
  • 保有コストの低減 (運転 & 保守費用)
  • 世界中に設置
  • ターンキー供給または装置のみの短期納品が可能

これらの機能によって保守費用が低減され、初期投資が最小限になります。低圧バグフィルタはセメント、鉄鋼および非鉄冶金産業で稼働しています。

上流側プロセスで変化があった場合または低負荷の処理ガス粉塵が必要とされた場合、乾式集塵機からバグハウスフィルタへの変更が必要になることがあります。GEA は既存の電気集塵機 (ESP) ケーシングに設置されている組み込みバグフィルタ部品のエキスパートです。