メニュー

IceCon® プラント

IceCon®

デモ装置 IceCon

あらゆる水溶液状製品の濃縮にとって、水の除去が重要となります。

IceCon

IceCon ユニット

当社は、独自の固体液体分離による凍結濃縮プロセスを、こういった損失を効率的に解消し、最新の処理プラントに適した洗練されたプロセスに拡張しました。特許取得済みの GEA IceCon™ プロセスに基づいた基本的な単一段階の凍結濃縮プロセスを、図に示します。この技法は、氷の結晶の効率的な分離という最適な成長条件を作り出し、ほとんどの食品液体に最高の濃縮要素を提供します。

商用システムは、スループット要件に従って、標準的な構成機器サイズから設計されます。多段式システムにより、10 ~ 5,000 kg/h の容量に対応します。

動作の仕組み

Flowschema FC

プロセスの説明: IceCon®

プロセスの説明

デモ装置 IceCon

凍結濃縮とは、氷点下の温度において氷の結晶の形で純水を除去することです。IceCon® は、凍結濃縮設計における最新の技術革新です。最も簡単な形式でそのプロセス全体を下図に示します。この単一段階のプロセスは、1 つの晶析装置 (1) および 1 つの洗浄カラムから構成されています。晶析装置は、冷却ジャケット付きの容器です。容器の内壁は削り取られます。外壁は、循環冷媒によって冷却されます。晶析装置の内部では、氷の製造と氷の結晶の成長が進みます。滞留時間を設けると、氷の結晶が成長して、最適なサイズの結晶が分散し、効率的な分離が可能になります。洗浄カラムでは、濃縮された液体が氷の結晶から効率的に分離されます。圧縮された氷晶ベッドが、融けた氷により洗われ、濃縮された液体の痕跡がすべて除去されます。凍結濃縮では、元の製品特性がすべて、濃縮物の中に残ります。

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ