メニュー

概要

晶析テストセンター

概要

研究所で働く男性

GEA は広範囲に渡るプロセス、テスト、エンジニアリングサービスを提供しています。

デュースブルクの GEA テストセンター

GEA は、デュースブルクにある Institute of Energy and Environmental (IUTA) Technology Center 内で 350 m2 の自社研究開発センターを運営しています。また、同じくデュースブルクにある Salzgitter Mannesmann Research Institute (SZMF) の Material and Corrosion Test Center を利用できます。
このテスト施設は液体の結晶化分野におけるプロセス開発で活用されます。バッチテストまたは連続テストアセンブリは、特定のユニット操作を選択する場合や、肥料産業 (KCl, KNO3, (NH4)2SO4 および NH4Cl など)、化学産業 (アジピン酸から硫酸亜鉛まで、無機化学および有機化学)、食品産業 (アスコルビン酸からリジンまで) などの結晶化操作における基本的な動力学的データのコレクションから選択する場合のサポートを行うために運営されています。
バッチによるテストは通常、概念上のプロセス設計の基礎的側面を調査する場合や、指定した晶析装置の特定のパラメータを検査する場合に実行します。
連続結晶化テストは、安定した状態の操作特性をデモンストレーションにする場合に特に役立ちます。テストは社内でも、顧客先でも実行できます。

装置は簡単に配送でき、顧客先の研究開発センターまたは操業施設のテストプログラムに組み込んで、GEA のスタッフまたは顧客側の資格を有する化学者が操作できます。
化学分析とテスト操作を同時に行えるような制御が必要な場合は、社内で実行することもできます。

Test facility is used for the development of processes in the field of crystallization

研究所で働く女性

関連製品

Service products

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ