メニュー

ガス中の微細な固体粒子または液滴の懸濁液は、エアロゾルと呼ばれ、様々な作動原理によって分離することができます。

エアロゾル分離システム

ガス中の微細な固体粒子または液滴の懸濁液は、エアロゾルと呼ばれ、様々な作動原理によって分離することができます。

aerosol-separator-systems-01

適切な粒子分離、特に非常に小さな粒子 (エアロゾル) に対応する GEA の技術。

慣性分離

エアロゾル・粒子状物質除去システム (AFAS) は、ベンチュリースクラバーと同様に、慣性の原理を使用してエアロゾルを分離します。

この場合、高圧または二流体ノズルは、高速で可能な限り小さな液滴を生成します。このエアロゾルはその慣性のためにこの液滴と衝突します。第 2 ステップ (合体段階)では、エアロゾルと液滴により形成された集合体はガス流から分離されます。

利点

  • エアロゾルの分離規定
  • 高い信頼性
  • 保守はほとんどなし
  • 柔軟に組み合わせ、拡張可能な幅広い用途
  • あらゆる材料で構成可能

用途

  • 最大 200.000 m³/h の排ガス出力
  • 粒子とエアロゾルの分離

拡散とバリア効果

適切なセラミックフィルターキャンドルまたはバッグフィルターを活用して、液体または固体エアロゾルが分離されます。フィルターキャンドルは、通常液体エアロゾルを分離するために使用されます。浄化されるガスはフィルターを通過します。拡散効果とバリア効果は、エアロゾルとフィルターキャンドルの高密度充填材料との衝突を引き起こし、次いでその表面に付着します。

バッグフィルターは、水蒸気の凝縮を排除できる限り、固体エアロゾルの沈着に使用されます。

関連製品

カールスルーエ R&D センターのスクラバー試験施設

カールスルーエ R&D センターのスクラバー試験施設

最先端のパイロットプラントとテストベンチを取り入れた当社の研究開発センターは、ガススクラビング洗浄技術分野における試験向けに最適な設備を整えています。

ジェットスクラバー

ジェットスクラバー

垂直ガス入口部、および側面ガス入口部の上にある管内に同心状に配置された駆動ノズルを有する垂直管または傾斜管。

ベンチュリースクラバー

ベンチュリースクラバー

ベンチュリースロートとディスプレーサ (ベンチュリーコーン)を備えた垂直管と、ベンチュリースロートの上にある垂直管内に同心状に配置されたスプレーノズル。

冷却塔

冷却塔

下からのガス入口部を有し、管断面全体にわたって上からのスクラビング液半径方向作業面 (radial task) を有する垂直管。

吸収塔

吸収塔

下からのガス入口部を有する垂直管であって、垂直管の断面全体にわたって上部から半径方向に洗浄液供給口を有する垂直管。

噴霧塔

噴霧塔

側面のガス入口部と、ガス入口部上の管内に同心状に配置された駆動ノズルとを有する垂直管または傾斜管。

水中スクラバー

水中スクラバー

この水中スクラバーは垂直配置されたスクラビング管で構成されています。そのガス出口部はスクラビング液中に浸漬されます。

緊急時ガススクラバー

緊急時ガススクラバー

貯蔵容器や注入プラントから漏出した塩素に起因する事故を防止するために、GEA はジェットスクラバーの原理に基づいて動作する塩素緊急装置を開発しました。

高温ガス急冷システム

高温ガス急冷システム

上からのガス入口部を有する垂直スクラビング管と、ガス入口部下の垂直スクラビング管上に半径方向に配置されたスプレーノズル。

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ