メニュー

GEA ORC-モジュールの利点を発見する

GEA ORC モジュール

GEA ORC-モジュールの利点を発見する

ガラス産業用 GEA Bischoff ORC モジュール

1 つのソリューション - 5 つのメリット:

GEA Bischoff ORC モジュール Fließdiagramm

  • ORC 技術は、その他のソリューションとは対照的に、低圧・低温で機能します。
  • 全生産システムの高効率 - 排熱の約 25%を利用
  • 高い有用性
  • 狭いスペースでの据え付けに最適の多様なモジュールによる高い柔軟性
  • 迅速な ROI (投資回収 (高い投資収益率))、エネルギーコストの持続可能な削減

GEA の ORC エネルギー回収システムは、生産工程で使用できる経済的な電力を提供します。さらに、このソリューションは、追加の CO2 を排出しないため、CO2 フットプリント全体の削減に貢献します。

当社の専門家は、お客様のプロジェクトの経済的効率・生態学的効率を事前に計算しますので、お客様は特定のシステム構成と地域の状況に応じて、ROI の実現期間を事前に知ることができます。

GEA エネルギー回収システム

1 廃熱回収装置 (WHRU)

WHRU は、生産プロセスまたはガス浄化プロセスから生じるガスを吸収します。この装置には、必要な冷却温度に応じて多くの管群が設置されています。管群を通して、高効率でガスの熱を吸収するキャリヤー流体 (沸点が最大350℃ の熱媒油) が流れます。この設定により、ORC モジュールの柔軟な構成が可能になります。

2 ORC モジュール

ORC モジュールでは、WHRU からのキャリアー流体は最初に、

有機流体 (シリコンオイル) を用いた熱交換工程を通過します。その流体は、次いでスーパーヒーターと蒸発器内で蒸発し、直結された発電機によりタービンを駆動して電気を発電します。冷却された熱媒油は WHRU に戻ります。緊急クーラーと三方弁は、油温を調整し、タービンへの水蒸気の一定供給を確保します。

3 エアクーラー

ORC モジュール内のタービンの残留水蒸気は、空気冷却器によって凝縮されます。このようにして生じた水は ORC モジュール内の熱交換サイクルに戻ります。

オプションの浄化システム

WHRU が製造プロセスからの粗ガスで作動される場合、消石灰の供給は、管群においてピロ硫酸ナトリウム (Na2S2O7) と重硫酸ナトリウム (NaHSO4) の生成を防止できます。ボール洗浄システムは、クローズドシステムで金属ボールを用いて管群における物質の焼成を防止するために適切な追加システムであることが実証されています。

お客様のオプション – 専門家にお尋ねください!

お客様の生産プロセスにおける特定の条件に応じて、当社はいくつかの計画オプションを提供することができます。

粗ガスを使用

全プロセスで最高温度のため、高効率を実現します。

浄化ガスを使用

さらに可能な限り高い温度を使用します。システム浄化は不要です。

両方法の組み合わせ

この大きな投資は最短時間で全体的効率を向上させるため、利益をもたらします。

廃熱エネルギー利用への合理的な投資は、いかなる状況でも利益をもたらします。

  • 生産ラインとシステムの新設
  • ガス浄化システムの近代化
  • ガス浄化システムの据え付け

関連製品

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ