結晶化技術 DTB 晶析装置

化学産業の DTB 晶析装置

ドラフトチューブとバッフル晶析装置を使用した GEA タービュランスは、この産業における代表的な最新式の晶析装置です。

DTB 晶析装置

カプロン酸 NH4SO2 DTB

この晶析装置は、製品結晶が含まれるスラリーと、少量の微粉を含んだ母液 (飽和溶液) の 2 つの排出流を提供することからこの名前が付けられました。この晶析装置は結晶の成長を促し、FC で得られる平均サイズよりも大きな結晶を生成できる構成です。従来型のタービュランス式晶析装置のほとんどは真空または若干の過圧処理で行われます。

タービュランス (DTB) 晶析装置は結晶化理論において広く研究されており、精密にモデル化することができます。この装置では成長ゾーンが明確に区別され、母液が浄化されるため、動力学的パラメータの観点から定義することが可能であり、結晶の成長と核形成速度を指定できます。これらの機能を持つタービュランス式晶析装置は数学的な説明に非常に適しているため、良好な操作制御に左右されます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。