乾燥塩投与システム

GEA は乾燥塩投与システムを乾燥塩 150 ~ 300 kg の容量のタンクにより構成できます。当社のポートフォリオの各装置は、エネルギー効率良く設計され、運用および保全費用の低減を保証します。

GEA は、正確に測定された量の塩を投与し、カードチーズを伸ばすための、信頼性が高く頑丈な乾燥塩投与システムの多彩なポートフォリオを提供しています。延伸後と成形前に塩を添加することにより、他の方法では水分吸収の不足が原因で発生する可能性のあるカードの構造、弾力性、および賞味期限の問題を防ぎます。

GEA の乾燥塩投与システムは、二重の切頂円すい形の乾燥塩タンクの周りに構築されます。タンクは、塩が凝集しないように一定回転に保たれ、外部のジャケットを通じて加熱されます。

タンクには塩をすくってホッパに入れるスプーンが付いています。塩はホッパからコンベヤパイプに送られます。 このパイプの末端で、可変速オーガシステムは、延伸機器から出てくるカードに塩を添加します。 カードチーズはテフロン加工されたシュートに運ばれ、そこで調整可能なパドルにより平らにならされます。 チーズは、このシュートに沿って回転ドラムに運ばれます。 センサシステムは、シュートに沿って移動するときに伸ばされたパスタフィラータの厚さと速度を自動的に検出します。このデータが PLC に送られ、正確な量の塩が投与されるように塩分配オーガの速度が調整されてから投与が行われます。 チーズと塩は、回転ドラム内で混ぜ合わされ、逆回転オーガを含む混練装置に運ばれます。 ここから、塩を加えられたパスタフィラータチーズは成形ステーションに運ばれます。

チーズと塩の混合トンネルは、CIP (Clean-in-Place: 定置洗浄) プラントへの接続用配管により構成できます。 CIP からの乳清と洗浄液は、遠心分離ポンプに接続されているタンク内で収集されます。 塩分配および混合オーガを作動させるサーボモータ駆動は、正確で信頼性の高い動作を保証します。

自動調整および微調整を提供する GEA の塩投与システムは、0.1% 以内の正確な塩投与を行います。装置は、塩の腐食活動に耐性があるステンレス鋼 AISI 316 を使用して構築されます。

 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。