ドラム成形機

GEA は、パスタフィラータ、モッツァレラ、およびモッツァレラボールのソフトチーズと、スカモルツァとプローヴォラなどのより硬質なパスタフィラータタイプの従来の形状を生成するための、汎用性の高いドラム成形機の広範なポートフォリオを提供しています。

オプションのカルーセルでは、三つ編みと結び目を作ることができます。装置は、1 時間あたり 180 kg から最大で 1,400 kg の生産能力で提供されています。当社は PLC 制御機器用のリモートアシスタンスも提供しています。GEA のドラム成形装置は、従来のテフロン加工よりも多くの点で優れた当社独自のこびり付き防止処理である、バルカンを提供しています。

GEA ドラム成形機は、あらゆる処理または生産要件および能力に対応するために、2、4、または 6 台のオーガフィーダにより構成できます。

AISI 304 ステンレス銅製の当社の装置は、連続的に三つ編みと結び目を成形するための、カルーセルによる自動の球状成形および半自動の円筒形成形用に設計されています。オーガの電気機械的駆動と成形ドラムにより、成形チャンバ内での定圧と一貫した製品重量を確保するために、フィーダオーガとドラム速度を厳密に調整できます。GEA のドラム成形装置は、温度調節された温水ジャケットを備えており、必要となる製品温度を維持できます。オーガチャンバ内のフィラ装置は、チーズの温度を監視します。

固体アルミニウム製のドラム型は、容易に交換できますが、乳清の損失を最小限に抑えるために完全な密閉を保証します。ドラムの回転は、単純かつ効率的な溝付きカップリング機構を通じてもたらされます。

GEA のドラム成形システムは、最大 30 度まで機器本体を傾けるためのスクリューユニットにより構成できます。これにより、フィオルディラッテと水牛乳モッツァレラなど、非常に柔らかい製品を生産できます。

 

最高の仕様安全性と衛生機能がすべての GEA 機器に組み込まれています。 危険区域での機械的および電気機械的保護はオペレータの安全を保証します。また、電気制御装置は防水パネルに格納されています。 オプションの定置洗浄機能は洗浄を高速化し、水使用量、機器のダウンタイム、および手動介入の必要性を減らします。

製品が接触する面は標準としてテフロン加工になっていますが、GEA が開発したバルカンという当社独自のこびり付き防止処理を機器に施すこともできます。削れたり剥がれ落ちたりするテフロン加工とは異なり、バルカンは、さまざまな角度と圧力での複数段階による金属面の機械的研磨を伴う仕上げ工程です。テフロン加工の場合は再塗装が必要になりますが、バルカン処理はほぼ無制限の寿命で、定置洗浄サイクルに耐性があります。

連絡先

ご用件をお伺いいたします。