スクラバー技術 冷却塔

下からのガス入口部を有し、管断面全体にわたって上からの冷却水半径方向作業面を有する垂直管。

ガスと液体は向流塔を通って流れます。ガスが頂塔部を出る前に、取り込まれたスクラビング液の液滴は適切な液滴分離器内で分離されます。この塔は、通常冷却水を含有・回収する容器と組み合わされます。生じる熱水はオーバーフローまたはポンプによって搬送されます。

機能

gas-cooling-02-v2

垂直管は、ほとんどの場合、ガスと冷却水間の表面を拡大し、冷却水と冷却される排ガス間の集中接触を可能にする設備を備えています。設置の選択肢は排ガスの組成によって異なります。

ガスと冷却液体は別々に向流塔に挿入されます。冷却される排ガスは塔管の下端に入り、塔頂部に導かれます。塔頂部では、冷却水は管断面全体に均等に分配され、再び塔設備の上を通って流れ、容器内に回収されます。

向流により、排ガスと冷却液間の温度勾配が効率的に使用され、最大限の冷却効果を実現します。

塔タイプの命名は、塔内部の種類によって異なります。以下の用語間には違いがあります。

  • ランダム充填塔
  • 充填塔
  • トレイ塔
  • スプレー塔を開く 

条件に応じて、これらの塔の各タイプを他のいかなる GEA のスクラバータイプとも組み合わせることができます。

 

特殊特性

  • 他のすべてのタイプのガススクラバーと組み合わせ可能
  • 低保守と低い保守コスト
  • 安価な材料の使用が可能
  • あらゆる一般的な材料で構成可能
  • コンパクト設計
  • 浄化機能は特定の無駄時間後にのみ利用可能

用途の範囲

  • 100 ~ 150,000 m³/h の排ガス出力
  • 排ガスの冷却。