メニュー

冷却装置および熱ポンプ

GEA 冷却器は、冷却システムの開発および製造に焦点を当てています。ただし、当社のスペシャリストは、ヒートポンプを使った作業の資格も経験も兼ね備えています。実際、ヒートポンプも冷蔵システムも、同じ物理的原理に基づいて動作します。いずれのシステムでも、主要コンポーネントにはコンプレッサや熱交換器などの要素が含まれています。それらは、ヒートポンプの心臓であり、文字通りポンプなのです。GEA のピストンおよびスクリューコンプレッサ。これらのコンプレッサは特に、ヒートポンプ内の重要な最後の圧縮圧力に合わせて設計されています。そして、低温加熱システムの稼動だけでなくプロセス加熱の提供にも効果的な凝縮温度を提供します。

空調および冷却

食品加工に関わる会社は、消費者に対し大きな責任があります。そのため、とても厳しい衛生規制がこの業界では用いられています。衛生管理のためのエアロック、消毒、および特殊な服装や、適切な空気処理システムは清浄で安全な環境を実現しています。

適温な温度管理

冷却室および空調室の重要性はますます高まっています。猛暑の日でも車、オフィス、銀行などが快適な温度で管理されているのと同様に、生産現場でも適切な温度管理がされるようになってきました。  

特に生肉や鮮魚を扱う場合、製品の鮮度と安全性を確実に保つことが重要です。

低微生物濃度 – 表面処理から密封まで

動物由来の食品に関しては、腐敗と病原菌への対応に特別な注意が必要です。そのため、食肉処理場と食肉加工プラントにおける厳格な衛生基準は、特別な役割を果たしています。たとえば、GEA では食肉処理された産廃物からの空気汚染を防ぐシステムを提供しています。管理された加工プラントでは、ダストの量と同様に温度と湿度も監視しています。同時に、作業者にとっても快適な環境も作り出しています。この種のシステムの例として、鶏もも肉のカットと梱包を行う鶏肉処理生産ラインに設置した空調が挙げられます。

空調システムは天井側に設置され、空気の流れ全体をろ過するためのいくつかのミキシングボックスで構成されています。空気の分散は、天井と供給部分との間で行われます。低乱流 (層流) の原則により、空気は加工および梱包エリアの上から下に流れます。そのため、空気中およびデリケートな商品上の粒子の濃度が低減されます。乱流となった空気は天井および床近くで再び吸い込まれ、その後循環気装置でろ過されます。その循環された空気が再び部屋に流れてきます。この空気の再循環により、大幅な省エネが可能となります。

この空気の流れのおかげで、無塵室は製品の近くで ISO クラス 4 を、部屋全体でクラス 7 を実現しました。さらに、部屋全体が陽圧状態になっており、ろ過されていない空気が生産エリアへ侵入することを防ぎます。また、システムは露点温度も制御できるため、製品表面での結露も防ぎます。

鶏肉の加工と梱包のプロセスでは、衛生面での妥協は許されません。もちろん、スパイラル冷凍庫などで行われる食肉の凍結プロセスでも同じことが言えます。GEA が提供する機器は、保守が極めて容易となっております。本体の外枠もステンレスでできているため、衛生的な運用が可能となっております。さらに、微生物などが角部分に溜まらないように、掃除しやすい滑らかな表面になるように作られ、その衛生性を高めています。

製品

{{total}} の {{count}} を表示

フィルター製品

お客様の事例

Dennree relies on ammonia chillers to cool organic food

Refrigeration technology keeps food fresh and preserves vitamins

お客様の事例

GEA CompaX / GEA BluQ proves its worth in field test at Wolf ButterBack

Wolf ButterBack is a specialist in Danish pastries, which the company produces for bakeries. The bakeries receive the pastries frozen and ready-to-bake in-house to sell to their customers.

全てのお客様の事例を見る

GEA Insights

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ