遠心分離機 汚泥処理用の濃縮デカンタ

GEA の waterMaster デカンタは、地方自治体の汚泥濃縮専用に開発された一枚壁の水平鉢付きで連続的に稼働する遠心脱水機です。

フレームは、オープンデザインで、浄化段階が明確な重力排出方式です。GEA waterMaster は、定置型ユニットでも移動式ユニットでも、最高の濃縮効果を実現します。

エネルギー消費を最大 50% 低減

廃棄コストおよびエネルギー価格が高騰している時期においては、デカンタの運用コストが以前にも増して重要になりつつあります。 GEA の waterMaster では、エネルギーバランスと最高の分離性能を、比類なき優位性でお届けいたします。

waterMaster の傑出した濃縮効率は、以下の技術的特長がベースになっています。

  • 最小消費電力を 0.5 kWh/m³ にまで低減 
  • 通常 1~2kg/t DS という低いポリマー消費量で最大濃縮を実現する最高の重力加速度
  • 穏やかな送り形状による最適な凝集と低摩耗
  • GEA バリポンド: 特許を取得したこの制御調整システムは、供給条件の変動に対応して一定の固形物濃度を確実に制御し、廃棄コスト、保管コストおよびエネルギーコストを最小限に抑えます。
  • ディープポンドデザインによる浄化作用の改善とエネルギー必要量の削減
  • GEA エコドライブは周波数コンバータを 1 つしか装備していないため、効率損失が除去される
  • インテリジェントなキネマティクスを備える GEA サメーションドライブによる高い揃速と差動卜ルク
  • 周波数制御の可変速モータによる揃速の自動調整
  • GEA エネルギージェット: 特殊な形状の堰 (せき) 型プレートで、エネルギー要件を低減するための一体型の流偏向形状を備える
  • 製品接触パーツはすべて、ステンレス鋼製
  • 省スペース
  • どのコンポーネントにもアクセスしやすい
  • 操作および保守が簡単

容量
10 ~ 300 m³/h

 

GEA varipond® – 汚泥処理を確実に制御

デカンタ用の特許取得制御調整システムは、 遠心分離機の構造を簡素化し、エネルギー消費量を最適化するとともに、安定した排出濃度を保証します。