蒸留技術 バッチ蒸留プラント

絶えず変化する多種多様な化合物の混合物に対応できる多目的ソリューションです。

バッチ運転装置により、1 台の装置で多種多様な生成物と複数成分混合物の蒸留・精留を行うことができます。これは、蒸留用途におけるマルチタスキングのマスターです。

batch-distillation-plants-02-v2

バッチ蒸留は非常に柔軟な技術ですが、通常は中小容量に使用されます。大型装置の場合には、通常、連続蒸留プラントがより高いエネルギー効率を提供するため、経済的な選択肢です。

バッチ処理には 2 つの運転モードがあります。

  1. 一定の還流比によるバッチ蒸留では、化合物は規定の製品固有の時間スケジュールに従って分離されます。このプロセスは、成分の沸騰範囲に基づいて行われ、軽量ボイラーで始まり、大型ボイラーで完了し、様々な成分の分別につながります。このプロセスの標準的な用途は多成分混合物の分別です。
  2. 種々の還流比によるバッチ蒸留は一定の蒸留濃度における蒸留を可能にし、一定の物理的挙動を示す蒸留物を得る必要がある場合に適用されます。
 

バッチ蒸留は、医薬品業界における小規模溶剤回収、高価な油の精製、小容量廃水処理装置などで頻繁に行われています。