スクラバー技術 エアロゾル分離システム

ガス中の微細な固体粒子または液滴の懸濁液は、エアロゾルと呼ばれ、様々な作動原理によって分離することができます。

適切な粒子分離、特に非常に小さな粒子 (エアロゾル) に対応する GEA の技術。

慣性分離

エアロゾル・粒子状物質除去システム (AFAS) は、ベンチュリースクラバーと同様に、慣性の原理を使用してエアロゾルを分離します。

この場合、高圧または二流体ノズルは、高速で可能な限り小さな液滴を生成します。このエアロゾルはその慣性のためにこの液滴と衝突します。第 2 ステップ (合体段階)では、エアロゾルと液滴により形成された集合体はガス流から分離されます。

拡散とバリア効果

適切なセラミックフィルターキャンドルまたはバッグフィルターを活用して、液体または固体エアロゾルが分離されます。フィルターキャンドルは、通常液体エアロゾルを分離するために使用されます。浄化されるガスはフィルターを通過します。拡散効果とバリア効果は、エアロゾルとフィルターキャンドルの高密度充填材料との衝突を引き起こし、次いでその表面に付着します。

バッグフィルターは、水蒸気の凝縮を排除できる限り、固体エアロゾルの沈着に使用されます。

 

利点

  • エアロゾルの分離規定
  • 高い信頼性
  • 保守はほとんどなし
  • 柔軟に組み合わせ、拡張可能な幅広い用途
  • あらゆる材料で構成可能

用途

  • 最大 200.000 m³/h の排ガス出力
  • 粒子とエアロゾルの分離