iNTELSPRAY2 歩行通過型乳頭スプレーシステム

iNTELSPRAY2 システムは、ミルキングパーラーから出るときに、乳牛の乳頭を自動的に検知して噴霧します。これには、搾乳時にオペレータの負担を軽減するメリットがあります。

制御装置により、計量された量の乳頭噴霧が家畜に実行されます。過剰使用されることなく、ディッピングまたは手動噴霧に比べて遜色がありません。システムはプログラムと設置が簡単です。

特長

  • プログラムと設置が簡単
  • オペレータの作業負担を軽減
  • 制御、計量された量の乳頭噴霧を実行
  • 遠隔センサーが乳牛の動きを感知し、噴霧前に乳房の位置を特定
  • 内蔵の乳牛カウンタと乳牛アラームを含む
  • 2 つのスプレーパッドを 1 つの制御ボックスに接続可能
グローバルページ情報
 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

システムの機能と仕様

搾乳時のオペレータのフィードバック

システムには 4 つのモードがあり、フロントカバーの押しボタンで制御できます。4 つのモードは、MILK、SPRAY ON / SPRAY OFF、COUNT ALARM、OFF です。

バックライト付き画面に制御モードが表示されます。たとえば、システムが乳牛を待機しているか、一定時間遅延しているか、乳房へ噴霧しているか、またはリセット中かなどが表示されます。スプレー済みの牛の数も示されます。

スプレーオン/オフモード - スプレーバルブを継続的に開いてスプレーラインのエアーを除去する場合に使用します。スプレーキーを 1 回押すと、バルブが作動し、もう 1 回押すと、バルブがオフになります。

カウントアラーム – iNTELSPRAY2 には、設定可能なカウントアラームがあります。予め設定された数の乳牛への噴霧が終わると、制御装置が出力を終了します。出力は、音響アラーム、閃光灯、ゲートに接続できます (これらの出力装置は、本装置には付属していません)。

システムの特長

  • 遅延検知 - タイマーが装置の間違った発射を停止します。設定されている時間は、乳牛がスプレーパッド上を移動する時間と同じでなければなりません (0.1 ~ 5 秒)。
  • 噴霧遅延タイマー - 牛が検知されてからスプレーが開始するまでの秒数 (0.1 ~ 10 秒)。
  • 噴霧時間 - スプレーソレノイドが作動する秒数 (0.1 ~ 10 秒)。
  • リセット遅延 - 制御装置がセンサーからの入力を無視する秒数 (0.1 ~ 10 秒)。同じ乳牛が 2 回噴霧されないようにするための設定です。
グローバルページ情報
 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。

!

Please note that this is a global webpage. For more information on the availability of this product in your country please reach out to your local GEA dealer.

販売店を検索