製品シリーズ 微粒子化用の MICRO FORMULA™

微粒子化用の MICRO FORMULA™

MICRO FORMULA™ ユニットによって、当社は微粒子化技術を取り入れました。MICRO FORMULA™ ユニットには、粒子のサイズと分布の完全な制御を可能にする TTS (Temperature, Time, Shear: 温度、時間、せん断) ユニットなど、独自の機能が多数あります。

多くの利点のあるシンプルなユニット


GEA は、乳清タンパク質の微粒子化のためのシンプルなユニットを開発しました。MICRO FORMULA™ というユニットは、乳清、つまりチーズ生産の副産物を利用して、産出量を増やし、脂肪を変換できるようにします。微粒子化プロセスは、牛乳脂肪粒子と同様の粒子を形成します。微粒子化された乳清は、さまざまな乳製品に利用できます。

脂肪を変換できる製品には次のものがあります。

  • ほとんどの種類のチーズ (さらに、産出量の増加)
  • アイスクリーム
  • ヨーグルトとミルクデザート
  • ドレッシングとソース
  • マヨネーズと脂肪乳剤
  • その他の脂肪を含む食品

ユニットは簡単な手順で処理を行い、容易に低コストで保全することができ、標準化されたモジュールが付属します。これに加え、MICRO FORMULA™ には以下の利点があります。

  • SSHE (Scraped Surface Heat Exchanger: かき取り表面熱交換器) なし
  • ホモジナイザなし
  • THE (Tubular Heat Exchangers: チューブ式熱交換器) なし
  • 変性温度を上回る熱伝導表面なし
  • 通常のプレートクーラー熱交換器とフローコンポーネント
  • 保守費用の低減
  • 最終製品のスクレーパブレードまたはステータからの廃棄なし
  • タンパク質と水の結合効果による産出量の増加
  • 18 ~ 20 時間という CIP の合間の長い生産時間
  • 資本回収期間が 1 年未満
 

連絡先

ご用件をお伺いいたします。