無菌充填機 無菌充填機 Fillstar CX EVO

無菌容積式電子充填機 Fillstar CX EVO は、透明製品およびパルプや繊維が含まれている製品を含む非炭酸ドリンクと炭酸ドリンクの両方を無菌条件で充填することができます。

Fillstar CX EVO では、炭酸ドリンクから非炭酸ドリンクへの製品切り替えが完全自動化されていて、無菌状態で行われることから、操業時間が短縮され、エネルギーが節約されます。

素早い切り替え

Fillstar CX EVO は炭酸液体 (ボトルと充填ノズルとは接触状態) の無菌充填に最適化されていますが、同じ性能レベルで非炭酸液体 (ノズルとボトル間の接触なし) の無菌充填にも使用可能です。

非炭酸飲料の「非接触」充填工程から炭酸飲料の「接触」充填工程に切り替える (その逆の場合もまた同様) ことができる機能は、Fillstar CX EVO の他の競合製品とは明確に異なる特徴です。これにより、従来 3 時間以上かかっていた切り替え時間が効果的に排除されます。

Fillstar CX では、機械的調整のためにシステムをシャットダウンする必要がなく、新たなボトリングパラメータは機械の制御システムを介して簡単にプログラムされ、無菌ボトリングは中断することなく継続されます。

繊維が含まれている炭酸飲料の充填

Fillstar CX EVOは、最大で長さ 2 cm、直径 3 mm までの繊維が含まれている製品を無菌で処理することができます。減圧段階中にスニフティングバルブがろ過膜からパルプ残渣を除去します。さらに、一体型回転式タンクは粒子やパルプの分布に最適であり、全体的な設置面積を低減させます。

Fillstar CX EVOには、最大10 x 10 x 10 mm の塊を充填できる無菌ピストン注入ディスペンサーを装着することが可能です。

衛生設計

Fillstar CX EVO の衛生設計は、充填チャンバのどの部分も曝されていないことを確保します (アイソレータの概念)。ただし、ノズルの最端部を除きます。さらに、製品に接触する可動部品はありません。充填ヘッドは通常、停電や圧縮空気の漏れの場合の製品ロスを避けるために閉じられています。

磁気流量計の位置決めにより、無菌領域の外側であるため、無菌製造中であっても電子部品のメンテナンスアクセスを簡単にすることができます。

利点:

  • 高酸と低酸のいずれでも、敏感な炭酸 (接触充填) 飲料と非炭酸 (非接触充填) 飲料に適合
  • 同一のネックサイズ (28 mm ~ 38 mm) のボトル間の切り替え時、または非炭酸製品から炭酸製品への切り替え時には充填バルブの切り替えは不要
  • 磁気流量計により、異なる形状の容器に適合可能な高い充填精度レベルが可能
  • オンボードタンクによる製品ロスの低減
  • 全自動クローズドループ定置洗浄 (CIP) と定置滅菌 (SIP) (国際特許) に対応するダミーボトルの自動挿入と取り出し

ご用件をお伺いいたします。

関連サービス製品

お客様と一緒に

GEA AseptiCheck®

Protect the operation of your aseptic beverage plant and safeguard the final quality of your product by safely controlling the risks regarding every process parameter of an aseptic filling system.

GEA Service に関する情報を収集