食品包装装置

垂直形状充填シーラ

GEA SmartPacking

当社の装置では、広範囲に渡るオプションを備えた、さまざまな袋を作成できます。貴社のニーズに合わせて、貴社の製品およびお客様に最適なタイプをお選びいただけます。

通常の装置には、圧延されたプラスチックフィルム (外側または内側に図柄が施されている) が装填されています。フィルムは、成形チューブと呼ばれる長い円柱管の背後に近づきます。プラスチックの中央がチューブの付近に来ると、フィルムの外縁がフラップを形成し、円錐状の成形チューブに巻き付きます。フィルムがチューブの外側の回りで下方に引かれ、垂直方向のヒートシールバーがフィルムのエッジに固定されて、継ぎ目エッジを共に融解することにより、フィルムが接着されます。

袋詰めプロセスを開始するため、水平方向のシールバーがチューブの底縁を横方向に固定し、フィルムを共に接着し、以下のフィルムをすべて切断します。このシールバーは固定の高さにすることができ、これは間欠的な密閉プロセスと言います。比較的高速なシステムに含まれるシールバーは、密閉の最中、袋と共に下方に移動します。これは、連続プロセスと言います。

製品が詰まった袋の総重量に到達すると、充填が停止され、水平方向のシールバーが袋の上部を密閉し、それと同時に上の次の袋の下部が成形されます。その後、袋がチューブから切り離されて密閉されたパッケージになり、製品の箱詰め・出荷プロセスに進める状況になります。

材料の送りおよび袋の切り離しは、袋の長さまたは目玉模様に対する指標付け (ビジュアルセンサで検出される) によって決定できます。食品が詰まった多数のパッケージには、保存可能期間を延ばすため、窒素が注入されます。

食品製造業者は、地理的勢力範囲の拡大や自製品の保存可能期間の延長を、化学物質を使用しないで実現する方法を見つけようとすることがしばしばあります。窒素の注入は、保存可能期間を延ばすための普通の方法です。

Recommended service products

Downloads

List of downloads
title type action
GEA Vertical Packaging Solutions PDF 1.8 MB ダウンロード
Search all documents

Explore further

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.